緑区版 掲載号:2021年12月23日号 エリアトップへ

神奈川県共同募金会緑区支会の支会長を務める 臼井 孝一さん 寺山町在住 71歳

掲載号:2021年12月23日号

  • LINE
  • hatena

生涯青春で、力を尽くす

 ○…募金活動推進の旗振り役を担っている。地域イベントなどで例年募っている募金。だが、コロナ禍で活動は行えず。「立ち止まっていてはだめだ」。そんな思いから、区内の10郵便局の協力を得て25日までの期間で赤い羽根共同募金箱を置いてもらった。「快く協力してくれた郵便局のみなさんに感謝したい」と笑顔を見せる。コロナ禍で、手探りの状況が続くが「他区の取り組みも参考にしながら、募金の大切さを多くの人へ伝えていけたら」と真っすぐに前を向く。

 ○…生まれも育ちも寺山町。子どものころは住む人が少なく、周りは畑や田んぼばかりだったというが、「地域のつながりが強くて、お互い助け合っていたよ」と振り返る。そんなふるさとの良さを次代にもつなげていきたいと、新治中部地区連合自治会長も務めている。「子どもや孫が成長して、帰って来たら、『よいふるさとだな』と思える町にしていきたい」と先を見据える。

 ○…現役時代は、郵便局に勤務した。30代の後半以降、横浜十日市場郵便局の局長を長年務め「愛され、親しまれる郵便局」を目指して日々奔走。老若男女が利用する郵便局だからこそ、全員で丁寧な接客を心掛けてきたという。「地域の子どもの書道展を企画したり、いろいろやったな」と当時を懐かしむ。

 ○…座右の銘は「生涯青春」。定年後は、地域の活動に精を出す日々が続く。また、コロナ前は、中山周辺でよく呑んだ。そして、仲間たちとカラオケを楽しんだという。今はというと、自宅でビールを呑み、ギターを弾きながら歌うのが、ストレスの解消法だという。「いつ日常が戻るかは分からない。イベントなどが再開されれば、募金活動を呼びかけていきたい」と待ちわびる。

緑区版の人物風土記最新6

木村 茉由佳さん

第6回緑区民音楽祭新人演奏会にソプラノとして出演する

木村 茉由佳さん

都筑区在住 22歳

8月18日号

深井 夢さん

バスケチーム「トヨタ紡織サンシャインラビッツ」に入団した

深井 夢さん

中山中出身 27歳

8月4日号

山本 知一さん

JR横浜線長津田・十日市場・中山・鴨居駅の駅長

山本 知一さん

平塚市在住 54歳

7月28日号

高須 博昭さん

緑郵便局長に就任した

高須 博昭さん

東京都在住 59歳

7月14日号

武川 明彦さん

横浜みどりライオンズクラブの52期会長に就任

武川 明彦さん

長津田在住 64歳

7月7日号

岡部 忠仁さん

「緑青少年交通安全連絡協議会」会長に就任した

岡部 忠仁さん

東京都在住 54歳

6月30日号

朝比奈緑化

横浜で活躍する植木屋さん(☎080-6895-5675)

https://www.asahina-ryokka.com/

青木ハウジング・青木博昭著

『賃貸オーナーのための空室対策の教科書』(あさ出版)7月19日発刊!

https://www.aokihousing.co.jp/

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook