緑区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「コロナ対策、最優先に」

    林市長インタビュー

    「コロナ対策、最優先に」 政治

    IR誘致は継続へ

     本紙では新年の幕開けにあたり、林文子市長にインタビューを行った。市長は新型コロナウイルス感染症対策に最優先に取り組む姿勢をみせつつ、横浜の成長を見据え市民、事...(続きを読む)

    1月1日号

  • 区内1,916人が門出

    成人式

    区内1,916人が門出 文化

    密避け、2会場で分散開催

     横浜市の成人式「成人の日を祝うつどい」が1月11日(月)に開催される(主催=横浜市、横浜市教育委員会、横浜市選挙管理委員会、横浜市「成人の日」記念行...(続きを読む)

    1月1日号

  • アートで区の魅力発信

    山下学舎(まなびや)文化祭

    アートで区の魅力発信 文化

    オンラインで開催中

     戦中期に建てられた旧横浜市立山下小学校の木造校舎を舞台にしたアートイベント「山下学舎文化祭」がオンラインで配信されている。次世代に自然や歴史、街並み...(続きを読む)

    12月24日号

  • 確定申告会場 3密課題に

    確定申告会場 3密課題に 社会

    税務署、オンラインを推奨

     来春の確定申告の相談会場における3密回避に、税務署は頭を悩ましている。国税庁の方針にあわせ市内7税務署では、オンライン申告の推奨や会場での入場整理券配布などで...(続きを読む)

    12月24日号

  • ドクターカーの導入進む

    救急医療

    ドクターカーの導入進む 社会

    高齢化で需要増加

     119番通報を受け、救急現場に医師や看護師を派遣する「ドクターカー」の配備が横浜市内で進んでいる。3年前に導入した横浜医療センター=戸塚区=や市民総合医療セン...(続きを読む)

    12月17日号

  • 20カ所目の緑区遺産に

    旧山下小木造校舎・校門

    20カ所目の緑区遺産に 文化

    「地域で守っていきたい」

     旧山下小学校(北八朔町1777の1)の木造校舎と校門が20カ所目の緑区遺産に登録された。山下連合自治会の篠崎慧会長は「地域の方々と、登録を祝うことができてうれ...(続きを読む)

    12月17日号

  • サポート店巡り地産地消

    グルメスタンプラリー

    サポート店巡り地産地消 社会

    感染予防呼び掛け実施

     緑区役所区政推進課主催の「地産地消みどりグルメスタンプラリー」がスタートした。区内の地産地消サポート店を巡り、スタンプを集めると景品と交換できる同企画。担当者...(続きを読む)

    12月10日号

  • ピーク時の5分の1に

    喫煙禁止地区過料処分

    ピーク時の5分の1に 社会

    マナー向上は依然課題

     横浜市は街の美化や危険防止の観点から、人通りの多い場所や繁華街など8地区を喫煙禁止地区に指定し、違反者には2千円の過料徴収を行うなど、分煙環境の維持に努めてき...(続きを読む)

    12月10日号

  • 長年の功績に藍綬褒章

    元緑防犯協会会長塚田順一氏

    長年の功績に藍綬褒章 社会

    「みなさんの協力のおかげ」

     政府が11月3日付けで発令した2020年秋の褒章受章者で元緑防犯協会会長の塚田順一氏が、防犯功績として藍綬褒章を受けた。11月26日には緑警察署で伝達式が行わ...(続きを読む)

    12月3日号

  • 「見守りシール」普及進まず

    認知症高齢者等

    「見守りシール」普及進まず 社会

    活用事例は2年で27件

     認知症が原因で行方不明になった高齢者の早期発見・保護につなげようと横浜市が進める「見守りシール」事業が3年目を迎える。二次元コードを読み込みコールセンターに連...(続きを読む)

    12月3日号

  • 3年連続 関東大会へ

    田奈中女子陸上

    3年連続 関東大会へ スポーツ

    「上位校と競い合いたい」

     田奈中学校陸上部女子チームが第35回神奈川県中学校女子駅伝競走大会で4位に入賞し、関東大会への出場を決めた。3年連続10回目の出場となる。古田島彩さ...(続きを読む)

    11月26日号

  • 選抜21世紀枠候補校に

    白山高校野球部

    選抜21世紀枠候補校に スポーツ

    「多くの支えに感謝」

     県高野連は13日、来春に開催が予定されている第93回選抜高等学校野球大会の21世紀枠県候補校に白山高校を選んだ。同部の選出は創部以来初。尾形裕昭監督...(続きを読む)

    11月26日号

  • 年度内に8年ぶり改定へ

    横浜特別自治市大綱

    年度内に8年ぶり改定へ 社会

    市、引き続き国へ要望

     大都市制度のあり方について全国的に関心が高まる中、特別自治市の実現をめざす横浜市は来年3月をめどに「横浜特別自治市大綱」を8年ぶりに改定したい考えだ。年内に諮...(続きを読む)

    11月19日号

  • 宮内建設が第4期登録

    神奈川SDGsパートナー

    宮内建設が第4期登録 社会

    区内では2例目

     神奈川県がSDGs推進のため募集している「かながわSDGsパートナー」。このほど発表された第4期登録者に鴨居の宮内建設株式会社(宮内康治代表取締役)が登録され...(続きを読む)

    11月19日号

  • 夏以降、増加傾向に

    横浜市内自殺者

    夏以降、増加傾向に 社会

    市、目立つ若年層にネット活用

     全国的に夏以降の自殺者増が報じられているが、横浜市でも8、9月は対前年同月比でプラス計17人で増加傾向にあることがわかった(警察統計暫定値)。中でも若年層の割...(続きを読む)

    11月12日号

  • ポスターで商店街応援

    緑区役所

    ポスターで商店街応援 社会

    デザインは地元画家

     新型コロナウイルス感染症拡大によって落ち込んだ商店街を元気づけようと、緑区役所が応援ポスターを作成した。地元商店街に目を向けてもらうことが目的。中山...(続きを読む)

    11月12日号

  • 地域に開く交流の場に

    ヨコハマ市民まち普請事業

    地域に開く交流の場に 社会

    中山の団体が1次通過

     2020年度の「ヨコハマ市民まち普請事業」1次コンテストがこのほど市役所で行われ、緑区内からは中山の「CO―coya復活プロジェクト実行委員会」が提案した「『...(続きを読む)

    11月5日号

  • 「Go To」で活気戻るか

    市内商店街

    「Go To」で活気戻るか 経済

    効果の一過性に懸念も

     コロナ禍で客足が減る商店街を国が支援する「GoTo商店街事業」がこのほど、横浜市内でも始まった。これまでに市では商店街に一時金を支給する事業などを実施。しかし...(続きを読む)

    11月5日号

  • 道路の不具合報告で協定

    緑土木事務所

    道路の不具合報告で協定 社会

    郵便局ゆうちょ銀行と

     横浜市緑土木事務所は26日、区内にある10の郵便局およびゆうちょ銀行横浜緑店と、区内の道路破損や、河川・公園施設の不具合などを同事務所に報告する内容の協定を結...(続きを読む)

    10月29日号

  • 事業のオンライン化推進

    市内ケアプラ等

    事業のオンライン化推進 社会

    全館にWi−Fi整備へ

     コロナ禍で地域の福祉活動が制限される中、市は地域ケアプラザ等の事業のオンライン化を進めていく方針だ。そのためのICT環境整備として、市内ケアプラザ140カ所と...(続きを読む)

    10月29日号

  • 「地域の絆が優先」

    区長・連長特別対談

    「地域の絆が優先」 社会

    Withコロナの現状

     新型コロナウイルスの影響で緑区では区民まつりなど様々なイベントが中止となっている。Withコロナの現状や課題、地域のつながりづくりなどについて、岡田展生緑区長...(続きを読む)

    10月22日号

  • 外国人の相談窓口開設

    横浜市居住支援協議会

    外国人の相談窓口開設 社会

    国の人手不足対策と連動

     横浜市と不動産関係団体などで構成される「横浜市居住支援協議会」が10月1日、外国人世帯に対する住まいの無料相談窓口を初めて開設した。外国人人口が増加する中...(続きを読む)

    10月22日号

  • 簡易型録音機を配布

    緑区役所

    簡易型録音機を配布 社会

    詐欺電話防止へ一手

     振り込め詐欺など特殊詐欺被害防止を目的に、緑区役所は12日から65歳以上の高齢者を対象に簡易型自動録音機の配布を始めた。区地域振興課の担当者は、「特...(続きを読む)

    10月15日号

  • 街路灯維持 揺らぐ商店街

    街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

    補助金活用も改修費重荷

     商店街を照らす街路灯の維持管理費が、加盟店の減少が続く商店街運営に影を落としている。老朽化で改修を迫られた街路灯も多い中、撤去によって電気代や修繕コストの削減...(続きを読む)

    10月15日号

  • コロナ対策で常時換気へ

    市営地下鉄グリーンライン

    コロナ対策で常時換気へ 経済

    来年度までに全車両改修

     横浜市交通局は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために市営地下鉄グリーンライン(中山-日吉間)の換気装置の改修工事着手へ準備を進めている。...(続きを読む)

    10月15日号

  • 鴨居地区東側工事が進展

    山下長津田線

    鴨居地区東側工事が進展 社会

    住民に対し市が説明会

     都市計画道路山下長津田線(東側)の整備状況についての説明会が1日、鴨居会館で行われた。鴨居第四地区自治会の住民らを対象に、市道路局の担当者から整備状況のほか、...(続きを読む)

    10月8日号

  • 「運転席無人」バスは国内初

    市・企業など実証実験

    「運転席無人」バスは国内初 社会

    将来の労働力不足に対策

     横浜市と相鉄バス(株)(本社・西区)・群馬大学(群馬県前橋市)などは現在、営業運行する大型路線バスで「運転席無人」と「遠隔監視・操作システム」を含む自動運転の...(続きを読む)

    10月8日号

  • BBQ(バーベキュー)ごみ放置、深刻化

    鶴見川鴨居河川敷

    BBQ(バーベキュー)ごみ放置、深刻化 社会

    「元のきれいな状態に」

     鶴見川の鴨居河川敷で、バーベキュー利用者らのごみ放置問題が深刻化している。河川環境保全ボランティア「みどり・川と風の会」の南長治郎代表は「お帰りの際は元のきれ...(続きを読む)

    10月1日号

  • 横浜保育室「曲がり角」

    横浜保育室「曲がり角」 社会

    定員、最大時の2割に減少

     1996年に市独自の制度として始まった「横浜保育室」。最大時は年間約5千人の子どもの預け先として機能していたが、制度変更などで定員は最大時の2割まで減っており...(続きを読む)

    10月1日号

  • 環境大臣賞を受賞

    塚田順一氏

    環境大臣賞を受賞 社会

    30年以上の活動に評価

     霧が丘連合自治会長を務める塚田順一氏がこのほど、地域環境美化功労者として環境大臣賞を受賞した。塚田氏は「自分たちが住む街の美化は自分たちで守るという意識を一人...(続きを読む)

    9月24日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.masaharu.info/

<PR>

緑区版の関連リンク

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://ceremonyhouse.jp

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.masaharu.info/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter