港北区版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

災害時要援護者支援 町会で避難手助け 新たに5地区が協定

政治

区長と連合町内会長で協定を結んだ
区長と連合町内会長で協定を結んだ

 港北区は先月22日、地震などの大災害が発生した際に自力での避難が難しい高齢者や障害者などを地域ぐるみで手助けする「災害時要援護者支援対策事業」に関して、新たに5地区と協定を結んだ。

 2008年度からスタートした同事業。前年度は町内会単位での参加もあったが、今年度は綱島、樽町、菊名、城郷、新吉田の5連合町内会が同事業に加わった。要介護度3以上の人や高齢者世帯、障害者など、区が保有する要援護者情報のうち本人の同意を得られた分の名簿を連合町内会に提供し、災害発生時に各会で避難を援護するというものだ。

 今回提供された個人情報は、5地区合計で752人分(同意した人の率は38・3%)。これにより、港北区内では全自治会町内会の約6割が同事業に取り組むことになる。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク