港北区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 放射線量を独自に測定・公表 下田・太尾・小机小、樽中で「支障はない」

校庭の放射線量を測定(青葉区みたけ台小)
校庭の放射線量を測定(青葉区みたけ台小)

 横浜市は福島第一原発事故を受けて、市民の放射線に対する不安が高まっているとし、今月13日から市立小中学校や認可保育園などで放射線測定を始めた。今後、約1千か所での放射線量測定と食材に含む放射性物質の測定を行う。

 原発事故以降、市に寄せられた放射線についての問い合わせは5月末までに約430件。「学校給食の安全性は大丈夫か」、「プールや校庭での授業が心配」など、特に保護者からが多い。

 市はこれまで、環境科学研究所(磯子区)で大気中の放射線量(ガンマ線)測定や、水道水の放射性物質の検査を実施している。しかし、高まる市民の不安解消のため、新たな検査を実施していくことになった。

 測定は全市立小中学校と認可保育所の校園庭、市内公園、都筑区役所、南部公園緑地事務所、環境科学研究所のいずれも地表50センチから1メートル地点で実施。各区、月4校、2園程度測定する。港北区内では下田・太尾・小机小、樽町中の測定値が公表されている(24日時点)。いずれも文部科学省が示す『学校生活において年間1ミリシーベルト以下』の数値を下回り、市では「年間を通じた校庭などでの活動に支障はない」としている。

給食食材も対象

 また今月16日から、小学校の給食食材の放射性物質の測定も始まった。翌日に使用する給食食材(野菜対象)を選定し、放射性ヨウ素と放射性セシウムを毎日1検体ずつ測定する。24日までに調べたピーマン、人参、ねぎ、小松菜などからは、放射性ヨウ素、放射性セシウム、いずれも検出されていない。

 市では、「市民の要望を受け、安心して生活してもらうためのもの。今後も状況を見て、必要に応じた対応をしていきたい」と話す。

 測定結果は市のホームページで順次公表していく。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク