港北区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

少年犯罪 未然にストップ 区内関係者が連絡会

鉢に植えられたケシを回覧
鉢に植えられたケシを回覧

 青少年を薬物、犯罪から守りたい―。

 神奈川県薬物乱用防止指導委員協議会港北支部(横溝英夫支部長)と港北少年補導員連絡協議会(城田進会長)が24日、港北警察署講堂で連絡会を開いた。

 当日は港北警察署生活安全課の熊崎豊課長と村上勝少年係長も参加、青少年犯罪の現状を報告した。村上係長は「全体的には減少傾向にある。ただ、凶悪犯罪は依然続いている。また、少年に特化しないが、ひったくりが多発している。港北署はモデル署になっており、注意が必要」と話した。その後、横溝支部長から薬物は依存性が高く、一度手を出すとやめにくくなる特性が語られ、大麻とケシの造花を参加者に回覧した。

 横溝支部長は「これから夏休みになる。子どもたちが薬物を含め、非行に走らないよう協力していきましょう」と呼びかけていた。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク