港北区版 掲載号:2011年7月28日号
  • googleplus
  • LINE

横浜を舞台としたジブリ映画『コクリコ坂から』の主題歌『さよならの夏』を歌う 手嶌 葵さん 24歳

優しさを真ん中に歌を届ける

 ○…「まっすぐ前を向いて歩いていく女の子をイメージしてほしい」。レコーディングの前、宮崎駿さんからこんなリクエストがあった。『コクリコ坂から』の主題歌『さよならの夏』は、その駿さんが「映画ができる前に主題歌が見つかった」と惚れ込んだ曲。森山良子さんが35年前に発表したドラマ主題歌のカバーだけに「プレッシャーはありましたが、新たに自分が表現できるものは何かと考えた時、優しさが真ん中に来ました」。強さと悲しみを湛えた歌の世界は、静かな感動を呼び起こす。

 ○…宮崎吾朗監督の初作品『ゲド戦記』で主題歌『テルーの唄』を歌いデビューしたのは5年前。憂いを帯びた歌声は大きな反響を呼んだ。それだけに再び舞い込んだ宮崎監督からのオファーを素直に喜ぶ。「デビューの時、家族や友人など自分を支えてくれる人たちがすごく喜んでくれた。今回もきっと喜んでくれると思う」。実はデビュー直後、環境の変化に歌うことが楽しめない時期もあった。そんな時考えたのは「まずは自分が楽しむこと。そして歌を聴いてくれた人を笑顔にしたい」ということだった。歌い手として、人間としての確かな成長が歌声に一層の深みを与えている。

 ○…主題歌以外にも2曲の挿入歌を歌う。『初恋の頃』は主人公2人がお互いを意識しあう重要なシーンで流れる。近づきたいのに近づけない、そんなもどかしい距離をむしろいとおしむような歌詞に「すごく共感できますね」。はにかんだような笑顔が印象的だ。

 ○…出身は福岡県。これまでにも写真撮影やライブで訪れたことのある横浜の印象は「レトロな空気があっておしゃれ。都会なのに空が広いところも好き」。8月21日には神奈川県立音楽堂(西区)でのコンサートを控える。キャリアのなかでも重要な曲の一つとなるであろう『さよならの夏』。その舞台とも言える横浜で、より多くの人に歌声が届くことを願っている。
 

港北区版の人物風土記最新6件

中町 哲さん

振り込め詐欺を複数防止したとして県警より感謝状を贈られた JR小机駅長を務める

中町 哲さん

3月15日号

川島 武俊さん

港北区制80周年記念事業企画委員会の会長を務める

川島 武俊さん

3月1日号

畑中 祐美子さん

子育てアプリの開発を企画した

畑中 祐美子さん

2月22日号

篠沢 秀夫さん

オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会の会長を務める

篠沢 秀夫さん

2月15日号

飯島 茂さん

映画「秘境ヒマラヤ」に記録された探検隊に参加していた

飯島 茂さん

2月8日号

宮崎 安夫さん

消しゴムスタンプ講座の講師を務める

宮崎 安夫さん

2月1日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク