港北区版 掲載号:2011年10月27日号
  • googleplus
  • LINE

来年1月に開催される「港北ゴールデンコンサート」の企画・構成を担当する 中村 博之さん 綱島西在住 76歳

熱さ秘める”肥後もっこす”

 ○…港北芸術祭の一環として、主に区内在住の一流声楽家たち11人を集めたコンサートを取り仕切る。当日は、司会進行も担当。「あえて出演者の失敗談を話すなど、歌手の人柄を紹介する方に力を入れたい。お客さんに親しんでもらいやすいように、ユーモアたっぷりに進めたいね」。長年の経験を踏まえ、選曲や曲順などにもこだわりを見せる。

 ○…生まれは熊本。幼い頃から歌うことが好きで、18歳の時、東京芸術大学声楽科への進学を機に、親戚を頼って区内高田町に上京した。大学卒業後は、綱島に引っ越し、プロの声楽家としての活動をスタート。地元のママさん達からの要望で、26歳の時に自宅を練習場所に女声合唱団「コーロ・みお」を結成した。「素人の人でも、プロ並みに指導していた」ことで、ママさんコーラスの全国大会で2度の優勝を飾るなど、実力も折り紙つきの合唱団に成長させた。「大切なのは”歌心”。声で歌うのではなく、ハートで歌うんです」

 ○…人生の転機は、68歳の時。脳梗塞を患い、右半身のまひと言語障害が残った。「当時は、同業者から『もう続けるのは無理だろう』と言われて。表向きは澄ましていたけど、心の中では『こんちくしょー』と思っていたね」と笑う。熊本弁で「頑固者」を表す”肥後もっこす”の気概をもつ、負けず嫌いな性格だ。「見返したい」という気持ちが原動力となり、6年近くに及ぶリハビリを経て、声楽家としての声を取り戻した。「『声が、らしくなった』と言われたときは、熱いものが込み上げてきた」と、当時を思い出し、目頭を押さえる。

 ○…コンサート当日は、自身もテノールで出演する予定で、「他の出演者に恥じない演奏をしたい。『歳だから』と思われたくないし、内容のある歌を歌わなきゃ」と、意気込む。持ち味である”伸びのある声”を生かした演奏が楽しみだ。「もうすぐ77歳。体調には気をつけて、声の続く限り歌っていきたい」
 

港北区版の人物風土記最新6件

中町 哲さん

振り込め詐欺を複数防止したとして県警より感謝状を贈られた JR小机駅長を務める

中町 哲さん

3月15日号

川島 武俊さん

港北区制80周年記念事業企画委員会の会長を務める

川島 武俊さん

3月1日号

畑中 祐美子さん

子育てアプリの開発を企画した

畑中 祐美子さん

2月22日号

篠沢 秀夫さん

オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会の会長を務める

篠沢 秀夫さん

2月15日号

飯島 茂さん

映画「秘境ヒマラヤ」に記録された探検隊に参加していた

飯島 茂さん

2月8日号

宮崎 安夫さん

消しゴムスタンプ講座の講師を務める

宮崎 安夫さん

2月1日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク