港北区版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

タウンレポート 歴史の"証人"を後世へ 日吉台地下壕保存の会

日吉台地下壕の定期見学会(毎月1回、一般公開は無し)問合せ:喜田さん【電話】045・562・0443
日吉台地下壕の定期見学会(毎月1回、一般公開は無し)問合せ:喜田さん【電話】045・562・0443

 慶応大学日吉キャンパスの地下を中心に総延長5千mにも及んで張り巡らされている、太平洋戦争末期に構築・使用された「日吉台地下壕」。当時、旧帝国海軍連合艦隊司令部や艦政本部など5つの組織が入り、戦艦大和出陣や沖縄戦などの指令は、この日吉の司令部から発せられたという。

 今なお現存する、この歴史的にも貴重な戦争遺跡を保存・活用し、戦争と平和について考えてもらおうという活動を続けているのが、「日吉台地下壕保存の会」(大西章会長)だ。2010年度には、神奈川県が地域社会への貢献度が高い団体に送る「ボランタリー活動奨励賞」を受賞するなど、評価も高い。

 同会発足は1989年。慶大関係者や地域住民などを中心に、見学会や展示会などを通じ調査・研究や保存を呼びかける。特に力を入れる見学会には、年間1千人以上が訪れている。

 大西会長は、「地下壕は戦争当時を具体的に現している。机の上だけでは分からない歴史を感じられるはず。当時この場所にいた彼らが考えていたことを理解し、二度と戦争を起こさないように学んでほしい」

 また、同会では語り部(ガイド)の養成にも積極的に取り組む。「悲惨な戦争の記憶を伝える人が少なくなっていく中、語る人や資料があってこそ地下壕という歴史の”証人”としての存在意義はより大きくなる」

 今後は、常設資料館の建設や、戦争遺跡指定の早期実現などを目標に、日吉台地下壕の活用を進めていく方針だ。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク