港北区版 掲載号:2012年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

港北区地域のチカラ応援事業 団体間の繋がり 深まる 活動報告会で熱気

各団体の発表内容(発表の部)
各団体の発表内容(発表の部)

 2010年度から始まった、地域の課題解決や住民サポートのための活動を行う団体を区が支援する「港北区地域のチカラ応援事業」―。港北区役所で今月10日、2011年度の活動報告会が行われ、会場は熱気に包まれた。今年度は団体間の連携事業も多く見られ、繫がりが深まってきている。

 同事業に参加するチャレンジコース(地域活動の実績がある団体・補助金上限50万円)12団体と、スタートアップコース(活動を始めようとする設立初期の団体・補助金上限5万円)1団体が活動報告をした(=表参照=)。会場にはおよそ70人が訪れ、動画など工夫を凝らした各団体の発表を熱心に聞き入っていた。 

 今年度の活動では、団体間の連携が多く見られた。一例としては、地域の文化財などの記録保存活動をする「港北ふるさとテレビ局」が、鶴見川の舟運文化や歴史の発信をする「鶴見川舟運復活プロジェクト」と連携し、和船に関する映画を製作した。また、鶴見川の自然や生き物、防災などを子どもたちに紹介している「綱島バリケン島プロジェクト」は、科学好きの小・中学生を育成する「ひととゆめのネットワーク」に声をかけ、鶴見川流域センターで科学教室を開催するなど、多くの連携事業が行われた。

 長年市民活動に携わってきた慶応大学の准教授らで構成される同事業補助金審査委員会は「団体間の繋がりができていて、活動しやすい環境がつくられている」と評価している。

 活動報告会や展示会のほか交流会も開かれ、団体のメンバーや、これから市民活動を志す人など約100人が参加した。今回は順にテーブルを回りながらテーマを議論し合う「ワールドカフェ」方式を採用。活発に意見を出し合い、交流を深めていた。地域振興課米山充課長は「2012年度も3月末までに参加団体を募集し、この事業を続けていく。地域のために活動する団体を待っている」と話している。
 

発表を熱心に聞き入る参加者ら
発表を熱心に聞き入る参加者ら

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6件

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

テロ対策協議会を発足

港北警察署

テロ対策協議会を発足

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

9年ぶり甲子園に挑む

慶應義塾高野球部

9年ぶり甲子園に挑む

2月8日号

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

2月1日号

子育て施設周辺に看板

港北区

子育て施設周辺に看板

2月1日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク