港北区版 掲載号:2012年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

港北区民地域防災拠点 「知らない」が6割 市民意識調査 結果

 横浜市が先ごろ発表した2011年度の「市民意識調査」によると、港北区民の57・4%が災害発生時、倒壊などで自宅に住めなくなった人が避難する「地域防災拠点」(区内市立小中学校28か所)を「知らない」と答えたことが分かった(市全体55・2%)。港北区では「防災マップや区内転入者に配る区民生活マップの配布、ホームページ公開など広報に努めている」と話している。

 震災時に開設され、負傷者の応急手当行う「地域医療救護拠点」(区内市立小・中学校9か所)は72・6%が「知らない」とした(市全体72・1%)。また、大火災が発生したときに一時的に避難する「広域避難場所」(区内公園など7か所)については67・9%が「知っているし、場所もわかる」と答えた(市全体65・6%)。

区「意識は高い」

 港北区は「昨年度、区内地域防災拠点では雨天中止の1校を除き、全拠点で訓練が実施されるなど、運営地域・学校の意識は非常に高く、防災マップの入手希望者も増えている。震災を教訓とした訓練の実施、認知度向上をしたい」とする。

 同調査は、市民の生活意識を明らかにし、生活立案や市政運営に役立てようと、市が毎年行っている。今回の調査は昨年7月から8月まで実施、市内在住の20歳以上の男女2163人が回答した(港北区民は190人)。

 調査内容は、生活・市政への満足度、市政への要望のほか、今回は東日本大震災発生を受け、帰宅までの行動や時間、家具などの転倒防止策、食料・飲料水の準備などを質問している。

 詳細は市政策局ホームページで見ることができる。
 

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

「地域の力、応援します」

港北区

「地域の力、応援します」

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

全国金賞、区長に報告

港北には何が棲む?

ペットとの避難の仕方

「仕事の楽しさ伝えたい」

東横たたみ店

「仕事の楽しさ伝えたい」

2月15日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク