港北区版 掲載号:2012年5月17日号
  • googleplus
  • LINE

21日(月) 金環日食を港北で 区北部を中心線が通過

社会

港北区内では、下田小学校や都筑パーキングエリアなどを中心線が通ると予測されている。詳しい地図は、日食各地予報(天文情報センター暦計算室)HPへ。http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/koyomix/eclipsex_s.html
港北区内では、下田小学校や都筑パーキングエリアなどを中心線が通ると予測されている。詳しい地図は、日食各地予報(天文情報センター暦計算室)HPへ。http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/koyomix/eclipsex_s.html

 首都圏で173年ぶりに観測される予定の金環日食が、5月21日(月)に迫った。当日は、最も美しい状態で金環日食が見られる中心線が区内北部を通るため、貴重な観測機会となりそうだ。

 金環日食は、太陽が月と重なることによりリング状に見える状態を言う。

 港北区での金環日食の開始時間は午前7時30分頃とされている。観察にあたっては、日食観察グラスを使うなど正しい方法で行わないと目を傷めたり失明したりする危険性もあるため、区では「たとえ短い時間であっても肉眼で直接太陽を見たり、望遠鏡や双眼鏡で観察したりすることのないように」と注意を呼びかけている。

当日施設開放も

 絶好の観測機会を生かそうと、区でもイベントを開催。先月には慶応大学日吉キャンパスで、同大天文研究会の顧問・早見均教授を講師に観察講習会を開いた。当日は同大生や教職員、一般の人など約30人が参加し、日食グラスの使用法から望遠鏡を使った応用編まで、観察方法について紹介が行われた。

 また関連企画として、5月18日(金)にトレッサ横浜で催される「モバイルプラネタリウム」(午後1時〜7時の全7回・各回先着50人)で金環日食の仕組みや観察の仕方が紹介されるほか、21日午前6時から鶴見川流域センター((問)鶴見川流域ネットワーキング【電話】045・546・4337)や太尾南公園が特別開放される。どちらも当日直接会場へ。なお観察用品の貸し出しは行われない。

 問合せは区企画調整係【電話】045・540・2229。
 

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

「地域の力、応援します」

港北区

「地域の力、応援します」

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

全国金賞、区長に報告

港北には何が棲む?

ペットとの避難の仕方

「仕事の楽しさ伝えたい」

東横たたみ店

「仕事の楽しさ伝えたい」

2月15日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク