港北区版 掲載号:2012年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 不活化ポリオワクチン 導入 今月1日から

社会

 横浜市は9月1日から、ポリオ(急性灰白髄炎)の予防接種をこれまでの口から飲む生ワクチンから皮下注射による不活化ワクチンに変更している。 

 今回の不活化ポリオワクチン導入前に、1回目に生ポリオワクチンを接種した子どもは、不活化ポリオワクチンを3回接種することになる=表参照。

 不活化ポリオワクチンの接種方法は、生後3カ月から7歳6カ月未満の間に初回接種3回(20日から56日の間隔を空ける)、初回接種3回終了後に12カ月から18カ月を経過した時期に追加接種1回、計4回を受けることになる。ただし、4回目の追加接種はワクチン製造企業による国内臨床試験実施中のため、データが整うまで公費対象外となる(9月時点)。

 接種場所は三種混合予防接種協力医療機関と同様、市内の約870カ所の医療機関で受けることになる。港北区内では65カ所となっている(9月5日時点)。 

 市では「実施日時は医療機関で異なり、予約が必要な場合もあるので事前に電話などで確認をしてほしい」と呼びかけをしている(港北区の予防接種協力医療機関は市健康福祉局のHPに掲載)。

県は先行実施

 不活化ポリオワクチン導入は、生ポリオワクチンによる健康被害があったとの情報がマスコミでされたことをきっかけに、幼児を持つ保護者を中心に不安の声の高まりを受けたもので、神奈川県は先行して昨年から不活化を導入していた。

 3歳児を育てる区内在住の主婦は「生ワクチンを1回受けたが、安全といわれる不活化が横浜市でも導入されるのを待っていたのでホッとしている。ただ、追加接種は実費となるので早く定期接種にしてほしい」と話していた。

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

「地域の力、応援します」

港北区

「地域の力、応援します」

2月15日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月15日号

全国金賞、区長に報告

港北には何が棲む?

ペットとの避難の仕方

「仕事の楽しさ伝えたい」

東横たたみ店

「仕事の楽しさ伝えたい」

2月15日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク