港北区版 掲載号:2012年9月13日号
  • googleplus
  • LINE

世界遺産から街路樹までを手がける樹木医 安部 鉄雄さん 日吉本町在住 54歳

”木が大好き”が仕事に

 ○…鹿児島県屋久島、福井県永平寺、地域の街路樹―。名木・古木の保存のため、日本を駆け回る樹木医が港北区にいる。樹木への”治療”は、木が植わっている土の改良と、本来根(ね)が育つカ所でない幹(みき)から出た根が水を吸えるよう、地中に戻す「不定根誘導」がある。「水や有機物が循環するようにしてやるんですよ」と親しみやすく話してくれる。

 ○…今年からは、行政からの依頼で、太尾見晴らしの丘公園のシンボル的役割を果たすエノキの治療も行う。他方、桜などの街路樹の伐採は、住民の反対運動がよく起こる。しかし木の病気などにより腐朽し、倒れる危険がある場合、伐採して他の木と植え替えた方が得策だという。「日本は生活の中に木があるのが当たり前。だからこそ意識して大切にしていきたいですね」と笑顔で語る。

 ○…樹木医として働く現在だが、若い頃は登山が生活の中心だった。小学校高学年の時、登山家になると決め、大学では山岳部を立ち上げた。卒業後一般企業に就職したが、登山を続けるために、友人に誘われ植木屋になった。「10カ月間働いては、2カ月間登山のため海外に出るという生活でした」。ヒマラヤ等、世界の山々を登ったが、42歳の時山登りに体力の限界を感じた。丁度その頃、続けていた植木屋の経験が7年を超え、樹木医の受験資格を持つ年数に達していた。さらに突きつめて木のことを学びたいと試験を受け、現在に至る。

○…「いつ治るんですか?」。との質問に、「あと100年後位かな〜」と冗談っぽく笑いながら答える。樹齢数百年の木が長い年月をかけて衰えるように、回復するのも時間がかかる。忙しい日々を送るが、苦にはならないという。「とにかく、木を見るのが大好き。仕事が趣味なんですよ」と笑いながら話す姿は、木の保全だけでなく、自分に正直に生きていく大切さも教えてくれた。

 

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

篠沢 秀夫さん

オール港北オリンピック・パラリンピック等対策協議会の会長を務める

篠沢 秀夫さん

2月15日号

飯島 茂さん

映画「秘境ヒマラヤ」に記録された探検隊に参加していた

飯島 茂さん

2月8日号

宮崎 安夫さん

消しゴムスタンプ講座の講師を務める

宮崎 安夫さん

2月1日号

鈴木 正さん

港北区神社氏子総代会会長を務める

鈴木 正さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月11日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク