港北区版 掲載号:2012年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

港北署管内 還付金詐欺が増加 携帯電話の連絡に注意

新横浜駅前で行われた啓発イベント
新横浜駅前で行われた啓発イベント
 今年1月から8月末までの港北署管内での振り込め詐欺事件認知件数は28件、また総被害額も7300万円と、ともに神奈川県内ワースト1であることがわかった。中でも特に、高齢者を狙った還付金詐欺の手口が横行しており、効果的な防止対策が待たれている。

 還付金詐欺は10件(1月から8月末)にのぼった。手口の一例としては【1】携帯電話で社会保険事務所の職員を装い、「過払いの医療費などを還付する」と被害者宅に連絡し、騙す、【2】ATMに呼び寄せ、還付するための手数料などと称し、言葉巧みに振り込ませるというものだ。2、3年前に多発した手口で一旦は収束したが、税務処理、保険の払い戻しの時期を狙い、再び今年3月頃から増加しているという。ATMの振込金額には現在、上限があるため、複数回に渡って発生した例もある。犯行に使われた携帯電話は不正入手されたもののため、すぐに番号を変えられてしまい、犯人の特定にはいたっていない。

また、振り込め詐欺事件の区内総件数も2009年頃から減少の傾向にあったが、今年になってから認知件数、被害総額は昨年同時(1〜8月)期の2倍以上となっている。

 こうした事態を受け、同署では14日に神奈川県警察音楽隊とともに新横浜駅前で啓発イベントを行うなど、区民への注意喚起の声を高めている。そのほか、振り込め詐欺事件が発生した際の区内金融機関への伝達、署員の直接訪問による巡回、犯人が声をよく聞かれることを恐れるため、常時固定電話を留守番電話に設定しておく「留守番電話大作戦」、前兆があった場合に被害者と協力し、犯人を確保するための「騙されたふり作戦」などの対策がとられている。しかし、決め手となる対策が見出されていないというのが現状だ。

 同署の高橋健生活安全課長は「特効薬となる対策を見つけていかなくてはならない」と語る。「携帯電話で社会保険事務所の職員から連絡はないですし、還付金などの払い戻しをATMで行うこともありません。”私に限ってありえない”と思わずに、まず電話でお金の話があった場合は疑っていただきたい。近所にお年寄りの方がいた場合は、日常的に話題にしていただくなど、協力をお願いしたい」と話している。

クリアランスセール 28日まで

16・17・18日は人気のギャベ展開催 リフレッシュクリアランスも同時開催中

http://www.rooms-taishodo.co.jp/

<PR>

港北区版のトップニュース最新6件

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

テロ対策協議会を発足

港北警察署

テロ対策協議会を発足

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

9年ぶり甲子園に挑む

慶應義塾高野球部

9年ぶり甲子園に挑む

2月8日号

加入者数 目標の4割

ハマの自転車保険

加入者数 目標の4割

2月1日号

子育て施設周辺に看板

港北区

子育て施設周辺に看板

2月1日号

かず歯科医院

大倉山の「よろずや歯医者」

http://www.kaz-shikaiin.jp/

港北区医師会主催参加無料講演会

都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識をご紹介します

http://www.kohoku-doctors.com/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本格落語と手品を披露

本格落語と手品を披露

3月3日 入場無料

3月3日~3月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク