港北区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

県政報告104 お口の健康大切に 県議会議員民主党・かながわクラブ はかりや珠江

 三浦雄一郎さんが、80歳でエベレスト登頂に成功したとのニュースは、私たちに言葉に尽くせない感動と勇気をもたらしてくれました。希望を抱いて目標にチャレンジする三浦さんの姿は、「年を重ねただけでは人は老いない」というサミエル・ウルマンの「青春の詩」そのもの。これからもお元気で夢を追いかけて頂きたいと思います。

*新年度の役職

 5月16日から県議会第2回定例会が開会。新年度の所属常任委員会等が決まり、私は「県民・企業常任委員会」になりました。

 県民局では男女共同参画やNPO、国際交流、広報、文化、消費生活、青少年健全育成等を所管しています。また組織の改編が行われたため、昨年まで厚生が担当していた児童養護や保育、待機児童対策、「新たな子ども・子育て支援制度」の施行準備なども受け持つことになりました。企業局は、県の水道事業や電気事業などを担当します。

*歯の健康づくりに計画

 昨年度は、保健医療に関する新たな計画の策定や見直しなどが行われました。

 「神奈川県歯及び口腔の健康づくり推進計画」もその一つです。神奈川では平成23年に歯と口腔の健康づくりを推進する条例を制定し、国においても法律ができたことから、これらを踏まえて県の計画を策定。ライフステージに応じた歯と口腔の健康づくりの課題を整理し、今後の取組みをまとめています。

 神奈川では、乳幼児期や学齢期のむし歯のある子どもの率は年々減っています。しかし成人期では歯周病にかかっている人の率が高く、高齢になるに従って増加する傾向にあります。むし歯と歯周病、両方の予防が重要です。

 例えば65歳以上の方で自分の歯が20本以上ある場合、自分を「健康だ」と感じている人が約9割に上り、19本以下の人に比べて健康だと感じる割合が高くなっています。このことから8020運動(80歳まで自分の歯を20本残すように)が奨励されています。

 ではどんなことに気をつければいいのでしょうか。

「健口5カ条」

【1】 健口体操をしましょう。(顔面や舌を動かす体操。県HPを)

【2】 かかりつけ医を持って、年に一度は歯科検診。(痛みを感じる前に)

【3】 なんでもよく噛み、おいしく食べよういつまでも。(一口30回)

【4】 鏡を見て、歯と歯肉のセルフチェック。

【5】 忘れずしよう、歯磨きと歯間の清掃 歯間ブラシやデンタルフロスを使って、ていねいに。

 もうすぐ6月。むし歯予防週間には、是非お口の点検を。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TE:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版の意見広告・議会報告最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク