港北区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

区内児童の作品表彰 沙羅短歌会 総会で

受賞式の様子
受賞式の様子
 市内を中心に短歌の創作活動を行う「沙羅短歌会」の総会・歌会が先ごろ、新吉田ケアプラザで開かれた。

 主催の伊藤宏見さんが、区内小学校で短歌の指導訪問を行っていたことから、新田、大曽根、小机、新羽各小学校の5、6年生から集まった短歌のうち、入選した31人を総会で表彰した。

 受賞したうちのひとり、今福晋作君(元新田小・6年生)は「生き物が春に動き出す様子を書いた。選ばれて嬉しかった」と話した。

会のメンバー 歌披露

 前半には会員約50人の自作の短歌が読み上げられた。秀作(一部)は次の通り。

 ●悴みし手をさすりつつ漸くに「歌集」に寄せる文書き終へる(鈴木栄子)

 ●濡れ土を擡げ芽吹きし芍薬は冬陽に包まれ踏むなと光れり(畑貴美子)

 ●弓なりに耐える姿や列島に猛き波風鎮まるは何時(高野幸子)

 ●従姉妹友の食みくれる喜びがコロッケ五十個に吾の手動かす(久一睦美)

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク