港北区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「患者様目線のインプラントを」 かず歯科医院・鈴木院長

インプラント手術中の鈴木院長(右)
インプラント手術中の鈴木院長(右)
 インプラント診療を始めて20年目となる、かず歯科医院(大倉山駅徒歩0分)の鈴木和夫院長。「インプラント」を知ったのは、24歳の時、神奈川歯科大学卒業後、医局員として勤務した東京女子医科大学歯科口腔外科時代という。「当時は一般的でなく、入れ歯で悩む人が大学病院にまで治療を受けに来ていました」

 医科大では、インプラントの研究と同時に臨床にも携わってきた。その中で海外ではその時点で既に数多くのデータが報告されていたことを知る。「この治療法により、患者様の選択肢が広がっていくことを確信しました」と振り返る。  

最初の埋入は母親

 最初に自らの手でインプラントを埋入したのは院長の母親だった。「身内にやれないものを患者様にできませんから」。その後、都内インプラントセンターに10年以上勤務するなどし、5500本を超えるインプラント埋入をしてきた(1997年4月〜13年5月)。

 重要視するのが、歯の状態を把握するため院内に設置するCTスキャンによる3D撮影と、骨に埋め込むインプラントが、純チタン製のブランド製品か否かだという。「インプラントだけでなく、入れ歯も含めて患者様目線の治療をしています。『よろず歯医者』が私の目標です」と語る。

インプラント埋入後のレントゲン写真(左から2本目)
インプラント埋入後のレントゲン写真(左から2本目)

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

港北区版のピックアップ(PR)最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク