港北区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

ケアプラザコミュニティハウス 住民の声受け 新羽に開所 市内初の一体型運営施設

文化

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
施設の外観
施設の外観

 横浜市は5月12日(月)、新羽地域に「横浜市新羽地域ケアプラザ・コミュニティハウス」(新羽町1240の1)を開所する。福祉・保健の相談・支援を担う地域ケアプラザと、地域活動・交流を目的とするコミュニティハウスを1つの指定管理者が一体的に運営する、市内初の施設となっている。

 区福祉保健課によると、地域ケアプラザは基本1中学校地区に1つの割合で整備されているが、区内9つの同区のうち新羽地域には整備されておらず、以前から「地域住民が交流できる公共施設を」といった声が上がっていたという。

 施設は新羽駅から徒歩2分。地上5階建てで延床面積は約1100平方メートル。1〜4階部分を市が貸借し、5階は運営を行う社会福祉法人横浜共生会の使用スペースとなる。1階は共通の受付や事務室などがあり、2階はコミュニティハウスとして「プレイルーム」「地域交流ホール」などを整備。3、4階は地域ケアプラザとして「多目的ホール」「ボランティアルーム」などがある。開館時間は月〜土が午前9時〜午後9時、日・祝が午前9時〜午後5時。

 横浜共生会は利用団体の活動のサポートや、高齢者や子育て、障害者・児に関する相談を受けるなどの役割を担う。また、コミュニティハウスと一体となっていることを利用し、福祉・保健だけでなく、文化・趣味などに関する講座も自主事業として開催するという。同施設の水村志津子所長は「この施設を地域活動の拠点として、住民のみなさんに愛着を持ってもらえるようアピールをしていきたい。利用団体同士の交流が深まり、つながりができたら嬉しい」と期待を込めた。

 区は、地域活動を行う住民団体、横浜共生会とともに同施設の活動検討会を過去3回主催。まずは地域が抱える課題として、「地域活動団体数は多いが、団体間のつながりがうすい」や「ボランティア活動の担い手が不足している」などの意見が上がった。これを踏まえて、同施設の活用法を検討し、「それぞれの団体の横のつながりを図れる場を設ける」や「人や活動団体の情報がつかめる拠点とする」などの改善策が出た。

 区は「利用団体が違う2つの施設を1つの指定管理者が行うことで窓口が一本化でき、よりお互いの活動を知るきっかけが増えることを期待している」と話す。

 新羽町連合町内会の大谷佐一会長は「地域のみんなが待ち望んでいた施設。地域の拠点となり、活動がより活発になるように活用していきたい」と語った。

 5月9日(金)、10日(土)には、地域住民に向けた内覧会が行われ、10日にはオープニングイベントとして地域団体による活動報告のパネル展示や、御囃子やバルーンアートなどが予定される。

3回の活用検討会も

港北区版のトップニュース最新6

第4期計画、策定

ひっとプラン港北

第4期計画、策定 社会

地域と連携し推進

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月20日号

国際コンクールで優勝

新横浜在住の甘粕さん

国際コンクールで優勝 文化

世界の吹奏楽指揮者が対象

1月13日号

保留児童解消へ本腰

横浜市

保留児童解消へ本腰 社会

対策にデータ分析班

1月13日号

「区役所一丸で精一杯」

鵜澤区長インタビュー

「区役所一丸で精一杯」 政治

諸課題に向う姿勢示す

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

裂き織コラージュ展

裂き織コラージュ展

大倉山の喫茶ぽるくで

1月10日~2月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook