港北区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

改定に向け素案公表区マスタープラン 利便性ある広域交通へ

政治

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 港北区は、区の将来像とまちづくりの方針を示した「横浜市都市計画マスタープラン(注)港北区プラン」の15年度ぶりの改定作業を進めており、この度素案を公表した。区民からの関心が高いと思われる鉄道や高速道路を始めとする都市計画の整備状況、今後の方針とその目的などがまとめられた1冊となっている。

 港北区プランでは土地利用や交通、環境、福祉などまちづくりにおいて主要な分野ごとに方針を掲げている。現状の課題をあげ、それに対してどんな整備を予定しているかを示している。

 現状の課題の一例として、綱島街道など主要な道路を中心に混雑度が高く、バスなどの運行に支障が出ていることがある。対策として、同街道の車線を2から4へとする拡幅工事や、新横浜から高田につながる宮内新横浜線の整備を進めていくという。また、公共交通や道路網の充実により、利便性の高い広域ネットワークを生かすことを目的に、現在整備中の高速横浜環状北線本線、北西線及び、港北ジャンクション、新横浜出入口、馬場出入口(3つは仮称)などの整備を進めるとする。

 この他にも防災や魅力発信の分野も設けられているほか、地域別のまちづくり方針もある。

現状に対応した指針に

 従来の同プランは「港北区まちづくり方針」と呼ばれ、2000年1月に策定された。改定に至った経緯として区区政推進課は、「前回の策定から10年以上が経過し、グリーンラインの開通を始め、まちづくりに大きな影響を与える事業が進行したことを受け、現状に対応した指針を目指して改定を進めている」と話す。

 素案は区役所4階企画調整係、区内各地区センター、港北図書館などで閲覧が可能。区役所HPからも見ることができる。6月18日(水)から7月18日(金)にかけて、素案に対する意見を区民から募集。意見を参考に改定案を作成し、今年度中のプラン確定・告示を予定している。また7月1日(火)から5日(土)の間に区内各所で改定素案説明会を開催する。「区の長期的な基本方針となるものであり、自分の住むまちを知るための教科書のようなもの。ぜひ手にとってもらいたい」と話す。

 問合せは区政推進課企画調整係【電話】045・540・2230まで。

港北区版のトップニュース最新6

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月22日号

感染対策、ICT活用に重点

2021年度港北区予算

感染対策、ICT活用に重点 社会

自主事業に1億1911万円

4月22日号

安否確認システム導入

太尾宮前町会

安否確認システム導入 社会

防災訓練で定着へ

4月15日号

IT技術で省エネ社会を

環境活動賞

IT技術で省エネ社会を 社会

区内企業が実践賞に

4月15日号

地域の絆で響いた音色

小机小マーチングバンド

地域の絆で響いた音色 コミュニティ教育、

日産スタジアムで卒団式

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter