港北区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

菊名周辺の小中高校生らが出演した演劇で披露された歌を作曲した 関谷 聡さん 菊名在住 41歳

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

夢へと続くマイウェイ

 ○…「曲を提供してほしい場がある」。自身も参加をしている地域活動グループ「菊名の未来を考える会」のメンバーから声がかかったのがきっかけだった。「本番前の稽古で聞いたどんな時も”晴れていたい”という詞が印象的だった。多くの人に聴いてもらえたと思うと嬉しい」と笑顔で話す。

 ○…作曲活動を始めたのは高校に入ってから。6歳上の兄がバンドをやっていたこともあり、小学生の頃から兄に憧れを抱いていた。4人で活動したパンクロックバンドではボーカルとして作詞・作曲を担当。「好きなんですよ。誰かが作るより自分で作ったほうが思いも込められますし」。ライブ活動は高校時代だけだったが、友人の結婚式ではこれまで多くのオリジナルソングを披露してきた。「今回は素人の私が作った曲をプロの方々が編曲をしてくれた。夢の1つが叶った瞬間でした」

 ○…菊名駅近くで昭和27年創業の中華食堂「おがさや」を経営している。「いずれは戻ってこようと決めていました」と話す通り、営業マンとして経験を重ね34歳の時に企業を退職した。祖父・父と受け継がれてきた味を守りながら、店主として1年半前から店を切り盛りしている。「マイウェイが座右の銘」と話す通り、誰かにやらされるのではなく自身で決めて行動していく。夢は多店舗展開。「もちろん味には自信があるし、大きな可能性がある」と話し、サービス面の充実などに注力している。作曲活動は日常生活の中で行われており、今回の曲も開店前の作業中にメロディーのヒントを得た。

 ○…店が地域に愛され支えられてきた感謝の気持ちを胸に「恩返しをしていきたい」と言葉に力を込める。曲を提供したことで地域貢献の「チャンスをもらった」と話し、今後も会が関係する活動の一役を担えればと考えている。日々中華鍋を振りながらも、自身の夢に向かい、一歩ずつ歩みを進める。

港北区版の人物風土記最新6

中村 文太郎さん

よこはま緑の推進団体港北区連絡会の会長を務める

中村 文太郎さん

篠原在住 78歳

12月5日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月14日号

井上 まゆ美さん

新横浜のハンギングバスケット作りの講師を務めた

井上 まゆ美さん

(株)河野自然園 代表取締役

11月7日号

田口 治さん

(株)コヤマドライビングスクール横浜校校長を務め、港福一夜城で講演する

田口 治さん

大曽根在勤 57歳

10月31日号

伊藤 幸晴さん

『続・綱島温泉物語』を制作した港北ふるさとテレビ代表の

伊藤 幸晴さん

下田町在住 58歳

10月24日号

長西 宣英さん

開業55周年を迎えたJR東海・新横浜駅の駅長を務める

長西 宣英さん

東京都在住 52歳

10月17日号

折原 亮さん

Yahoo!「第11回最強の次世代ラーメン決定戦」で史上初の2部門制覇を達成したハイパーファットン店主

折原 亮さん

新横浜在住 35歳

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク