港北区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

菊名周辺の小中高校生らが出演した演劇で披露された歌を作曲した 関谷 聡さん 菊名在住 41歳

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

夢へと続くマイウェイ

 ○…「曲を提供してほしい場がある」。自身も参加をしている地域活動グループ「菊名の未来を考える会」のメンバーから声がかかったのがきっかけだった。「本番前の稽古で聞いたどんな時も”晴れていたい”という詞が印象的だった。多くの人に聴いてもらえたと思うと嬉しい」と笑顔で話す。

 ○…作曲活動を始めたのは高校に入ってから。6歳上の兄がバンドをやっていたこともあり、小学生の頃から兄に憧れを抱いていた。4人で活動したパンクロックバンドではボーカルとして作詞・作曲を担当。「好きなんですよ。誰かが作るより自分で作ったほうが思いも込められますし」。ライブ活動は高校時代だけだったが、友人の結婚式ではこれまで多くのオリジナルソングを披露してきた。「今回は素人の私が作った曲をプロの方々が編曲をしてくれた。夢の1つが叶った瞬間でした」

 ○…菊名駅近くで昭和27年創業の中華食堂「おがさや」を経営している。「いずれは戻ってこようと決めていました」と話す通り、営業マンとして経験を重ね34歳の時に企業を退職した。祖父・父と受け継がれてきた味を守りながら、店主として1年半前から店を切り盛りしている。「マイウェイが座右の銘」と話す通り、誰かにやらされるのではなく自身で決めて行動していく。夢は多店舗展開。「もちろん味には自信があるし、大きな可能性がある」と話し、サービス面の充実などに注力している。作曲活動は日常生活の中で行われており、今回の曲も開店前の作業中にメロディーのヒントを得た。

 ○…店が地域に愛され支えられてきた感謝の気持ちを胸に「恩返しをしていきたい」と言葉に力を込める。曲を提供したことで地域貢献の「チャンスをもらった」と話し、今後も会が関係する活動の一役を担えればと考えている。日々中華鍋を振りながらも、自身の夢に向かい、一歩ずつ歩みを進める。

港北区版の人物風土記最新6

甘粕 宏和さん

ワルシャワ吹奏楽指揮者コンクールで優勝した

甘粕 宏和さん

新横浜在住 46歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

12月23日号

田邊 陵光(たかみつ)さん

「港北公会堂の緞帳」についての講演を行った、日吉の森文化財団の学芸員

田邊 陵光(たかみつ)さん

下田町在住 52歳

12月16日号

西山 賢一さん

「グリーンコーポ篠原 花と緑の会」の会長を務める

西山 賢一さん

篠原町在住 74歳

12月9日号

入江 勝通さん

10周年を迎えた「菊名おでかけバス」の運営団体の共同代表を務める

入江 勝通さん

大豆戸町在住 77歳

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

裂き織コラージュ展

裂き織コラージュ展

大倉山の喫茶ぽるくで

1月10日~2月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook