港北区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

県政報告125 自殺予防は行政・地域一体で 県議会議員民主党・かながわクラブ はかりや珠江

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena

 まだ暑さは残るものの、虫の音に秋を感じますね。

 県議会は9月8日から、第3回定例会がスタート。危険ドラッグ緊急対策推進費をはじめとする補正予算や条例の制定・改正の審議が行われます。

*自殺予防に目をむけて

 先週、小学6年生女子二人がマンションの階段から一緒に飛び降り、死亡するという衝撃的な事件がありました。遺書が残されていたことから、自殺とみられています。ご家族や身近な方々の心の痛みを思うと、言葉もありません。

 内閣府では9月10日の世界自殺予防デーから1週間を「自殺予防週間」とし、神奈川を含む首都圏9都県市でも「気づいてください!体と心の限界サイン」を統一標語とし、連携して自殺予防のための啓発活動を実施します。多くの方に関心を寄せて頂くこと、今いる場所でできることがあることを知って頂くのが、対策の第一歩です。

*神奈川の状況は?

 25年の全国の自殺者数は約2万7千人。平成10年から14年もの間、3万人を超える状況が続き、神奈川でも年間約1800人もの方が亡くなっていました。様々な取組みの成果が少しずつ現れてきたためか、25年には1558人まで減少しました。しかし、多さでは東京・大阪に次いでワースト3位です。

 神奈川では働き盛りの40代から60代男性が多いのが特徴で、男女別にみても約7割が男性です。統計上、原因や動機のトップは「健康問題」となっていますが、様々な問題が複雑に絡み合い、悩みが高じて精神的にも肉体的にも限界に追い込まれていくということかもしれません。未遂者や自死遺族への支援も大変重要です。格差の広がる社会、人間関係の希薄化など現代社会の抱える課題が暗い影を落としているともいえそうです。

*心の健康を保つために

 ストレスは誰にでもありますが、眠れない、食欲がないなどの状態が長く続く場合は、初期の「うつ病」かもしれません。早期に適切な治療を受け回復につなげることが大切。「ひょっとして」と不安を感じたら迷わず相談しましょう。

 県では相談体制の強化や自殺に傾く人のサインに気づき対応できる人として「こころサポーター=ゲートキーパー」の養成に力を入れてきました。今回の補正予算でも、若年層の自殺予防を図るためのスマートフォン用ホームページ開設などが提案されています。

 生きづらさを感じている人を見守り、必要な時に助けを求めやすい環境を整えておくこと。それは行政と地域に暮らす私たちが共に取り組まなければならないことだと思います。

■こころの電話相談

0120-821-606

(月〜金 9時〜21時)
 

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TE:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナ第6波に備え、市に万全の準備求める

市政報告Vol.52

新型コロナ第6波に備え、市に万全の準備求める

横浜市会議員 さかい誠

10月21日号

「自民党を変え、政治を変える。」

「自民党を変え、政治を変える。」

元外務副大臣 衆議院議員 鈴木けいすけ

10月14日号

スピード感ある政治を

新市政スタート 市政報告

スピード感ある政治を

横浜市会議員 望月やすひろ

9月23日号

ぶれない志。世界平和の実現。

ぶれない志。世界平和の実現。

衆議院議員 中谷一馬

9月16日号

市民の皆さんのため、横浜市の発展のため、山中市長と共に頑張って参ります。

地域の形、次世代へ

市政報告Vol.52

地域の形、次世代へ

横浜市会議員 さかい誠

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook