港北区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

港北区医療救護隊 発足1年、整備進む 看護職不足の課題も

社会

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena

 昨年9月に改定された「港北区防災計画」の震災対策編によって新しく編成された「医療救護隊」。医師や薬剤師等がチームに分かれて、避難所を巡回する同隊の発足から1年が経った。現在関係者が運営方法などの検討・整備を進めているところだ。その中で、看護職員の人材不足など課題も見えてきている。

 医師会、歯科医師会、薬剤師会などの協力を得て編成される医療救護隊の人数は1隊12〜14人が基本。構成は医師2〜4人、歯科医師1人、薬剤師3人、看護職5人、業務調整員(区職員)1人となっている。災害時には、区内9カ所ある医療救護隊参集拠点(旧地域医療救護拠点)に集まり、そこから各中学校区エリアにグループ分けした地域防災拠点28カ所へ巡回する。区内各病院ごとに参集拠点が決まっており、災害時には、その場でメンバーの編成を行うという。

 編成メンバーの中でも看護職員「Yナース」の確保が課題としてある。看護職員は協力を得られる、区の団体がないため、一人ひとりのボランティアを募る必要があるという。区福祉保健課は「『Yナース』の募集に積極的にPRしていきたい」と話す。また、災害時に、救護隊が巡回する際の安全面対策も検討を進めている。

 10月には3師会に警察や消防、土木事務所なども交えた「区災害医療連絡会議」が開催され、11月には医療救護隊訓練が予定されている。「検討を重ね、より良くするための見直しも考えていく。緊急時に備え、万全な整備をしたい」と区は話す。

災害時救急病院は2院

 改定時未確定だった災害時に中等症のけがの手当てを行う「災害時救急病院」は現在、高田中央病院、菊名記念病院の2院。加えて精神的ケアを行うため、日吉病院が含まれている。また、災害時における通信インフラの途絶に備えて、今年度から区役所や災害時救急病院などへ、衛星携帯電話とMCA無線の配備を進めている。アマチュア無線とは違い、資格がなくても使用できるため、緊急時での活躍が期待されている。

港北区版のトップニュース最新6

菊名駅東口の未来考える

菊名駅東口の未来考える 社会

地元団体がアンケート

9月23日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook