港北区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

スマート電気自動車 新横浜と日吉に設置 ワンウェイ型 導入

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
新横浜に設置された電気自動車
新横浜に設置された電気自動車

 メルセデス・ベンツ日本(株)、オリックス自動車(株)、アマノ(株)によるスマート電気自動車を活用した「ワンウェイ型カーシェアリング事業(smaco)」が9月からスタートしている。市内8カ所に貸渡・返却ステーションが用意され、区内では新横浜と日吉に設置。横浜市も、環境未来都市(注)実現に向けて低炭素交通の利用拡大に取り組んでいることから、同事業の広報支援などで後押ししている。

 これまでのレンタカー事業におけるカーシェアリングは、利用者が借りた場所に返却することを基本としており、他の場所への返却は原則認められていなかっ

た。しかし、国土交通省と警察庁が車利用の抑制を目的に、ITによる管理などの条件を満たした場合の運用緩和が9月からされたことからワンウェイ型が可能に。この措置を受け、メルセデス・ベンツが中心となり、今事業実施を決めた。

 車両はメルセデス・ベンツ日本(株)のスマート電気自動車。長さ274cm、幅156cm、高さ154cm、定員は2人。台数は20台で、新横浜(新横浜2の12の26)には専用車枠は5枠、日吉(日吉本町1の26の1)には3枠用意されている。ステーションは、利用ニーズが高いと予想される、住宅地や観光地を選定。利用方法は、例えば新横浜から乗車し、たまプラーザや元町・中華街、みなとみらいにワンウェイで返却できる。予約登録は希望時間の30分前からインターネット(http://www.orix-carshare.com/smaco/index.htm)で受け付けており、料金は15分200円だ。

 市では「低炭素都市を目指している本市としては、次世代交通の取り組みとして評価している。積極的に支援していきたい」と話す。

港北区版のトップニュース最新6

不登校児の学習支援 拡充

横浜市

不登校児の学習支援 拡充 教育

オンライン教材を活用

8月4日号

チーム一丸で市総体V2

大綱中サッカー部

チーム一丸で市総体V2 教育

公立校初の快挙

8月4日号

歩行者環境改善へ7割賛同

日吉駅西口周辺

歩行者環境改善へ7割賛同 社会

調査結果まとまる

7月28日号

「ネトゲ」に関する相談増

横浜市内20歳未満

「ネトゲ」に関する相談増 社会

高額課金など、3年で1.6倍

7月28日号

あやとりで結ぶ地域の輪

小学2年大坂さん

あやとりで結ぶ地域の輪 文化

史上最年少で指導員に

7月21日号

事業の都市計画を決定

綱島駅東口再開発

事業の都市計画を決定 社会

周辺街づくり、第2弾始動

7月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大倉山記念館で展示

大倉山記念館で展示

創建90年の歴史紹介

8月9日~8月15日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook