港北区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

(PR)

インプラント 「噛み合わせ」を重要視 区内2院開院 翔栄会

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
インプラントオペ中の須田理事長
インプラントオペ中の須田理事長

 「あまり指摘されないのですが、インプラントの成功率を高めるため重要なのは、噛み合わせです」

 区内で「すだ歯科医院」と「アークデンタルクリニック新横浜」を運営する『医療法人社団 翔栄会』の須田孝則理事長はこう語る。

 同会では、インプラント希望者が来院するとまず、歯が抜けてからの期間の確認などの問診からスタート。次にレントゲン撮影、歯型を採取し、口中全体の状況を把握する。「インプラント埋入前にシミュレーションしないと、噛み合わせに不具合がでてしまう。ただ埋め込むだけでは駄目なのです」と須田理事長。

 その上で欠損部分の歯槽骨密度や量を、院内に設置する歯科用CTを使いながら細かく検査し、患者に綿密な治療計画を提示する。歯周病がある場合などは、先に予備治療をし、インプラント治療に入る。また、歯槽骨が足りなときは、骨再生治療も行う。

 須田理事長は「インプラントは、歯科の総合的な治療の中で位置づけられるもので、それができる歯科医院での受診をお勧めします」とし、「当院では、骨が薄い方にも再生医療で対応しています。食べ物がしっかり噛めて、思いっきり笑える歯を、これからも提供し続けたいですね」と話している。

医療法人社団 翔栄会

0120-4182-99

HTTP:-

http://www.sudashika.com

港北区版のピックアップ(PR)最新6

インプラント 正しい知識伝える

横浜クリニック

インプラント 正しい知識伝える

10月2日(土)、オンライン講座

9月23日号

脳ドックで早期発見・早期治療

ライズモール綾瀬1階

脳ドックで早期発見・早期治療

平日は夜8時まで、土日祝日も診療

9月23日号

「インプラント、気軽にご相談を」

「インプラント、気軽にご相談を」

かず歯科医院、鈴木院長に聞く

9月23日号

無料の合同行政相談所

無料の合同行政相談所

10月12日、桜木町駅前で

9月16日号

コロナ禍の体調管理

トータルケア綱島

コロナ禍の体調管理

「キーワードは血流改善」

9月16日号

医療ケアとリハビリテーションに特化したホーム

「武蔵小杉」駅徒歩9分、10月新規オープン

医療ケアとリハビリテーションに特化したホーム

フローレンスケア武蔵小杉

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook