港北区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

市教委 教員育成で大学と協定 人材確保も目指す

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
各大学教職担当らが出席した締結式
各大学教職担当らが出席した締結式

 横浜市教育委員会は17日、県内、都内の大学など42校と教員の育成に関する協定を締結した。市によると「これだけ多くの学校と協定を結ぶのは全国でも初」という。団塊世代などベテラン教員の大量退職が進む中、大学との連携で優れた人材の確保や教員の質向上に取り組む。

定年退職、10年で2倍

 近年横浜市では、教員の大量退職や採用が続いている。市教育委員会によると、市立の特別支援学校や小中高の教員(校長含む)の定年退職者は2012年度末で362人。10年前の176人に対して2倍に増えた。一方で、教職経験の浅い教員の割合が年々高まっており、14年度は市正規教員約1万4千人中、勤続年数10年未満の教員が56%を占めている。不登校などの教育課題が深刻化する中、専門性や実践力が高い教員の育成は市の重要課題の1つで、このほど市教育委員会が公表した、市が進めるべき教育施策などをまとめた「第2期横浜市教育振興基本計画」(素案)の中にも盛り込まれている。

42校と連携・協働

 こうした背景のほか、東京都や県内全ての自治体が一次試験を全国の会場で実施し、教員確保競争が激化していることを踏まえ市は、多様化する教育課題に高い専門性で対応できる教員の人材育成と確保を目的に、41大学に専門学校1校を加えた42校と連携・協働する協定を締結した。

 締結式では、具体策の協議の場として『横浜市大学連携・協働協議会』を開設。今後、市側では教育実習生の受け入れ制度の充実やボランティア受入の促進、大学側では現職の市教員を対象に公開講座を開催するなどし、市側と大学側双方に補完しながら連携を深めていく方針だ。

 市と協定を締結した横浜創英大学では「学生の教育実習先を市が一本化して対応してくれるほか、資質向上の面でも様々なカリキュラムに参加できる点などに魅力を感じた」と話している。

 市では「専門性を持った大学側の支援を受けることで、教員の育成が見込めるのではないか。大規模の大学との協定締結は全国でも初めてとなるが、今後は学生側に学校現場での体験の充実などを推進すると共に、18年度末に50大学以上との締結を目指す」と話す。

港北区版のトップニュース最新6

菊名駅東口の未来考える

菊名駅東口の未来考える 社会

地元団体がアンケート

9月23日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook