港北区版 掲載号:2014年10月23日号 エリアトップへ

紙芝居作家であり、港北区主催の講座で講師も務めた ときわ ひろみさん(本名・常盤洋美) 仲手原出身 71歳

掲載号:2014年10月23日号

  • LINE
  • hatena

紙芝居で広げる物語の力

 ○…区役所地域振興課が主催した「大人の楽しい創作時間 紙芝居で地域の魅力を発信!」で指導を行った。講座では、民話をもとに、参加者が脚本を書き、絵を描いて、自分の紙芝居を作っていった。「初めはみんな『そんなことできない』といっていたけれど、帰るときには、明るい顔になっているんですよ」と笑顔を見せる。

 〇…約30年前、仙台の自宅で所有する本の貸し出しなどを行う子ども文庫を週に1回、開いていた。紙芝居に携わるようになったのは「子どもたちに本に興味を持ってほしかった。嫌いで本を読まない子でも、紙芝居なら楽しそうに聞いてくれる」と考えたのがきっかけ。紙芝居作りは独学で学んでいった。これまでに宮沢賢治作品などに取り組み、大きな賞も受賞。活躍は現在に至っている。

 〇…福岡生まれ。小学1年生の時に仲手原に引っ越してきた。白幡小学校に転校したばかりのころ、九州の訛りをクラスメイトにからかわれた。「話すと笑うから、悔しかった」と当時の気持ちを振り返る。すると、先生から給食の時間に皆の前で読み聞かせをするように言われた。「ニルスのふしぎな旅」を毎日、少しずつ読んでいった。「最初のうちは訛りを馬鹿にしてみんな大笑い。だけど、だんだん聞いてくれるようになっていた。物語の持つ力だと思う」と、嬉しそうに目を細める。

 〇…「物語を読むことで生きる価値や意味、術を知ることができるようになる」と話すように、その力を強く信じている。紙芝居は視覚にも訴えることができるので、物語をより分かりやすく聞き手に送り届けられると考えている。「紙芝居は絵・脚本・演者の三位一体でできているもの。みんなで見ることもでき、一緒に笑える。共感し、人間関係を結ぶことができる」。これからも、多くの人の人生を豊かにするための物語を、紙芝居を通して発信していく。

港北区版の人物風土記最新6

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

2月25日号

鈴木 真由美さん

【Web限定記事】ブラジルでの保育園設立を綴った著書が、県の優良図書に推薦された

鈴木 真由美さん

新吉田町在住 43歳

2月18日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

横浜ラポールや大倉山記念館で巨大壁画を展示した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

栄区出身 43歳

2月11日号

高島 夏来さん

大倉山で、自身の夢をイラスト化した「ある日の夢展」を開催した

高島 夏来さん

綱島在住 37歳

2月4日号

飯塚 知世さん

ヨーヨーパフォーマー兼社会保険労務士としてトークイベントで講演をする

飯塚 知世さん

綱島西在勤 35歳

1月21日号

伊藤 芳浩さん

第6回「糸賀一雄記念未来賞」を受賞したNPO法人インフォメーションギャップバスターの理事長

伊藤 芳浩さん

綱島在勤 50歳

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク