港北区版 掲載号:2014年10月23日号 エリアトップへ

(PR)

インプラント 「骨再生術で患者様に応える」 大倉山 かず歯科医院

掲載号:2014年10月23日号

  • LINE
  • hatena

 「医師の技術力は?」「骨が薄くて入れられない」「金額が不透明」―。

 「第二の永久歯」とも言われ、知名度を増すインプラントだが、実際に治療を行うとなると、こうした疑問や不安が生じやすい。

5500本埋入

 大倉山駅徒歩0分にある『かず歯科医院』の鈴木和夫院長は、神奈川歯科大学卒業後、医局員として東京女子医科大学歯科口腔外科に勤務。その後、都内インプラントセンターで10年以上勤務するなどし、5500本を超えるインプラント埋入をしてきた(1997年4月〜13年5月)。

 その同院では、院内に設置する歯科用CTで欠損部分の骨の量や密度を確認し、インプラント埋入に薄く足りなくなっているケースには「骨再生術」で対応する。また治療に入る前の問診の段階で「総額」を提示。「ここから金額が上積みされることは一切ありません」と鈴木院長は話す。オペは専用のオペ室で実施。不安感が強い人には大学病院の麻酔認定医を招き、胃カメラ検査をする際に行う静脈内鎮静法を採用している。家族は付き添うこともできる。

 鈴木院長は「当院ではインプラントに10年間保証を導入し、セカンドオピニオンもお受けしています。患者様目線が最大の方針です」とし、「インプラントは医師の臨床数、使用する製品がブランド品か否かが重要。こうした点で医院選びをすることが大切ですね」と語る。

クリーンルーム。インプラントはここでオペとなる
クリーンルーム。インプラントはここでオペとなる

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

港北区版のピックアップ(PR)最新6

処分してしまうその前に

遺品・生前整理

処分してしまうその前に

こんなものも買取

6月17日号

「新しい葬儀の様式」でお見送り

妙蓮寺

「新しい葬儀の様式」でお見送り

家族葬や小規模葬にも

6月17日号

災害時バッテリー誕生

リユースで循環型社会めざす

災害時バッテリー誕生

株式会社ベイサン

6月10日号

SDGsアンケート実施

企業と協力し、地域課題の解決へ

SDGsアンケート実施

第一生命保険(株) 新横浜支社

6月10日号

3つの取り組み

工事・環境・雇用

3つの取り組み

株式会社サカクラ

6月10日号

お庭の雑草対策!

お庭の雑草対策!

ダスキン菊名におまかせ

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter