港北区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

県政報告128 豊かな多文化共生のために 県議会議員民主党・かながわクラブ はかりや珠江

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 冬の足音が近づいてきました。早いもので今年も残り約1ヶ月になりましたね。健康管理はもちろん、交通事故や犯罪に巻き込まれないよう十分にご注意下さい。

*使い途をチェック

 10月中旬から11月上旬にかけて、25年度の税金の使い途について審査する「決算特別委員会」が開催されました。県民の皆さんからお預かりした貴重な税金が正しく、効率よく使われているか、事務事業に見直すべき点がないかを様々な角度から点検し、次年度の予算編成や施策等に反映させるのが目的です。

 25〜26年度は2年間で1600億円もの財源不足が見込まれていたため、「緊急財政対策」として「県有施設の廃止・整理統合」や「補助金の見直し」など、県民の皆さんにも大きな負担をおかけする方針が示されていました。したがって、これまで以上に「最小の経費で最大の効果を上げる」努力がなされてしかるべきですが、根本的な見直しが必要と思われるものもあり、改善を求めました。

*国際言語文化アカデミア

 この施設は、JR本郷台駅そばの「地球市民かながわプラザ」にあり、県立外語短大の廃止に伴い、3つの使命を担って設置されたものです。

 一つ目は外国語を指導する先生方の専門的な研修を行うことで、生徒等の語学力の向上や異文化理解を進めること。二つ目は外国籍県民の支援活動をする日本語ボランティア等を対象に講座を実施すること。3つ目は県民の多文化理解を推進することです。

 設置を検討する段階でも、開催する講座の内容や、効果について議論があり、私も毎年度しっかりと見直し改善を図るように指摘をしていました。そこで25年度決算の審査で設置後3年の状況をチェックした所、様々な問題が明らかになりました。

 出前講座は好評であるものの多くの講座が定員に満たず、この施設に係る経費を講座の参加人数で割り返すと、一人の受講者にかかるコストが7万円にもなること。また教員の専門研修が生徒の学力向上や異文化理解にどのような好影響や成果を生み出したのか、把握の方法や指標を作れないままであることなど費用対効果や、講座の内容・開催場所、認知度を高める広報等、抜本的な見直しを求めました。

 神奈川県は外国籍県民が約16万81千人、県民53人に1人の割合で暮らしている国際色豊かな県です。また、オリンピック・パラリンピックの開催で、国際交流はさらに促進されることでしょう。「国際言語文化アカデミア」が、その真価を発揮し、今後の神奈川の多文化共生をリードできる施設となるよう今後も注視していきたいと思っています。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TEL:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナ第6波に備え、市に万全の準備求める

市政報告Vol.52

新型コロナ第6波に備え、市に万全の準備求める

横浜市会議員 さかい誠

10月21日号

「自民党を変え、政治を変える。」

「自民党を変え、政治を変える。」

元外務副大臣 衆議院議員 鈴木けいすけ

10月14日号

スピード感ある政治を

新市政スタート 市政報告

スピード感ある政治を

横浜市会議員 望月やすひろ

9月23日号

ぶれない志。世界平和の実現。

ぶれない志。世界平和の実現。

衆議院議員 中谷一馬

9月16日号

市民の皆さんのため、横浜市の発展のため、山中市長と共に頑張って参ります。

地域の形、次世代へ

市政報告Vol.52

地域の形、次世代へ

横浜市会議員 さかい誠

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩く健康づくりを応援

【Web限定記事】よこはまウォーキングポイント

歩く健康づくりを応援

港北区・ミズキータオルプレゼント

10月1日~11月30日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook