港北区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

高田地域 障害者の絵、花壇に展示中 住民の力が結集 

文化

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
絵が展示された花壇で笑顔を見せる古田さん
絵が展示された花壇で笑顔を見せる古田さん

 高田町の住民が設置した花壇に、障害者活動ホーム通所者が描いた絵画が5月17日まで掲示されている。区が主催する「港北オープンガーデン」のコース内にも盛り込まれており、新緑のなかウォーキングがてら鑑賞するのも楽しそうだ。

 花壇設置は、同町在住の古田邦夫さんが代表を務める「高田の丘美化活動グループ」が2004年頃から進めてきたもの。同町天沼住宅街はかつて、夜になると人通りが絶えるのを狙った、車やテレビなどの不法投棄に悩まされていた。古田さんらが中心となり、ごみを捨てにくい環境づくりをめざし、季節ごとに美しい花を咲かせるスイセン、アジサイ、ツツジなどを植えた花壇設置をしたところ、状況は一変。現在では大きく改善されている。

理解深めたい

 下田町にある、港北区障害者地域活動ホームしもだでは、知的・身体障害がある通所者が講師の指導を受けながらイラストなどを描く創作の時間を設けており、その作品は、きれいで独特の色彩感覚を持つ特長的なものばかり。その絵に心を動かされた古田さんが、同ホームに声をかけ、花壇への展示が実現した。 グループメンバーが、絵を飾るべニア板のカットや白色のペンキ塗りなどの下準備を担当。4月上旬から5つの花壇に、通所者の7人ほどがこれまで描き残していた作品のうち、50点の公開を始めている。

 ホームしもだの伊東葉子さんは「通所者の絵を多くの人に見てもらい、障害への理解を深められれば嬉しい」と話し、古田さんは「障害者の人たちに1つの達成感を味わってもらいたかった。どの作品も素晴らしいものばかりです」と目を細める。

横山区長も鑑賞

 10日には、横山日出夫港北区長も現地を訪れている。「不法投棄が絶えなかったこの地域が花壇で再生され、今回、活動ホームしもだ利用者の個性的な絵も展示された。地域の底力を感じた」とコメントしている。

 この高田の花壇は5月15日から17日に開かれる、今年で3回目を迎えた個人・グループが育てた庭を公開する「港北オープンガーデン」のコースにも組み込まれている。

目をひく作品が並ぶ
目をひく作品が並ぶ

港北区版のトップニュース最新6

4月の開校、目前

箕輪小

4月の開校、目前 社会

市教委「地域の支えに感謝」

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

99歳、今も現役画家

高田東荒井 茂雄さん

99歳、今も現役画家 文化

3冊目の作品集を上梓

3月19日号

港北区でも影響広がる

新型コロナ

港北区でも影響広がる 社会

クラファンで打開策も

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク