港北区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

「広告業界の若手が選ぶコミュニケーション大賞」の優秀賞を獲得した、鳥山町にある三和交通株式会社の取締代表を務める 吉川 永一さん 東京都在住 37歳

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena

タクシーで切込む新しい風

 ○…ユニークな手法を導入し、顧客と新しいコミュニケーション構築を目指す企業を広告業界の若手社員が選出する、同賞で優秀賞に輝いた。乗客が「ゆっくり走って」と運転手に伝えるボタンのついた「タートルタクシー」が高評価を得た。「『急いでいないお客様もいるのではないか』とのアイデアが発端。推薦していただいての受賞なので嬉しいです」と笑顔見せる。

 〇…「ボタン一つで自分の意思通りに改造できるタクシーができたらいい」。そんな話をデジタルマーケティング会社で働く友人と話していたのがきっかけ。そこで思いついたのが速さの希望を運転手にボタンで伝えることで調整できるタクシーだった。昨年1月から導入し、「タートルタクシーを指名して呼んでくれる人も出始めている」と上々の様子。利用者は小さな子どもを持つ家庭、病人や妊婦など様々だ。珍しさから国内外のメディアからも取り上げられ話題に。「運転手に直接伝えにくい気持ちを代弁できるところが良いようです」と分析する。

 〇…学生時代はグラフィックデザインにはまり、ニューヨークの映画学校に留学するほどのめり込んだ。得意分野はコメディ。「作った映画に海外の人たちはみんな手を叩いて笑ってくれた」とニッコリ。自作パソコンが趣味で、機械には自信がある。「26歳で次期社長として入社した時、最初にパソコン関係を整備していった。若いながらも教えられることがあって会社に徐々に受け入れられた」と振り返る。

 〇…「タートルタクシー」以外にも、今までも斬新なアイデアを出してきた。妊婦の住所など登録し、緊急事態ですぐに向かう「陣痛119番」や「おつかい代行サービス」などがそれだ。しかし、失敗も多いという。「また、変なことやっていると思われているかも」と肩をすくめるが、意に介さない。タクシー業界の枠を超えた挑戦はこれからも続いていく。

港北区版の人物風土記最新6

甘粕 宏和さん

ワルシャワ吹奏楽指揮者コンクールで優勝した

甘粕 宏和さん

新横浜在住 46歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

12月23日号

田邊 陵光(たかみつ)さん

「港北公会堂の緞帳」についての講演を行った、日吉の森文化財団の学芸員

田邊 陵光(たかみつ)さん

下田町在住 52歳

12月16日号

西山 賢一さん

「グリーンコーポ篠原 花と緑の会」の会長を務める

西山 賢一さん

篠原町在住 74歳

12月9日号

入江 勝通さん

10周年を迎えた「菊名おでかけバス」の運営団体の共同代表を務める

入江 勝通さん

大豆戸町在住 77歳

12月2日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

裂き織コラージュ展

裂き織コラージュ展

大倉山の喫茶ぽるくで

1月10日~2月3日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook