港北区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

横浜市医師会の会長に就任した 白井 尚(たかし)さん 市内在住 58歳

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena

日々、患者さんの視点で

 ○…会員数3600人。全国の郡市医師会としても有数の規模を誇る組織の舵を取る。地域医療の充実を掲げ、市内3カ所の夜間急病センターの運営、18区での休日急患診療に取り組むほか、地域医療連携拠点の運営、看護師養成、在宅医療支援などに力を入れる。「会員の先生方も皆、自分の診療の傍らで、一生懸命医師会活動をしてくれている。日々患者さんを見つめる我々だからこそできることを追求していきたい」

 ○…小学生の頃、骨肉腫を疑われ、足切断の危機に見舞われた。母親が病院という病院を駆け回り、ようやく「足を切断しなくても治療ができる」という診断にたどり着いた。「絶望の闇に光が差した。あの診断がなければ今の私はない」。自分に希望をくれた主治医との出会いが人生を決定付け、医師を志すように。高齢化社会を見据え、泌尿器科の専門医として緑区に1995年、「みどりクリニック」を開業した。

 ○…開業時は周辺に開業医も少なく、地域の医療機関同士の連携体制も整っていなかった。難しい症例への対応など連携は絶対に必要だと感じ、地域の泌尿器科の医師たちと連携の会を設立。基幹病院と地域の診療所との「病診連携」の基盤づくりに努めた。「次は『診診連携』。診療所同士が上手く協力し、より細かな医療ニーズに応えていく必要がある」

 ○…数年前、前立線ガン検診が市の予算から消滅する危機の際には、市医師会の会員らと奔走し、なんとか守り通した。「検診は病気を早期発見し、治療するための最良の手段。この重要性は医師ならば誰でも強く感じているもの。だから皆一生懸命守った」。そんな経験があるからこそ、現在の健康診断受診率の低さを危惧せずにはいられない。「胃、肺、乳、子宮がん検診の受診はもっと周知していかなくては。いつも患者さんの視点で」。健康のありがたさを痛感した経験を原動力に、まい進する。

港北区版の人物風土記最新6

酒井 洋輔さん

妙蓮寺近隣のローカルサイトを立ち上げた、松栄建設(株)代表取締役社長の

酒井 洋輔さん

妙蓮寺在住 42歳

6月4日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月28日号

阿部 和彦さん

飲食店救済のクラファンを企画した、「MADE IN HANDS」代表の

阿部 和彦さん

綱島在住 34歳

5月21日号

豊田 直之さん

水中写真家で、環境保全活動を行う「NPO法人海の森・山の森」理事長の

豊田 直之さん

菊名在住 60歳

4月30日号

吉田 崇さん

港北消防署長に就任した

吉田 崇さん

港北区在勤 57歳

4月23日号

大場 英美さん

30周年を機に、更なるサービス充実を目指す福祉クラブ生活協同組合の理事長を務める

大場 英美さん

日吉在住 57歳

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク