港北区版 掲載号:2015年9月3日号 エリアトップへ

(PR)

翔栄会 歯から老齢期の健康管理 「インプラントは対策の1つ」

掲載号:2015年9月3日号

  • LINE
  • hatena

 超高齢化社会が進むなか、資産運営や法的支援の受け方を学ぶなど、準備を整えている人は多い。しかし明るい老後を迎えるために、最も重要となるのは何と言っても健康だ。その維持・管理の最初の一歩が「歯」といえる。

 「虫歯で抜け落ちたままになっている」「義歯が合わない」――。港北区内で「すだ歯科医院」と「アークデンタルクリニック新横浜」を運営する『医療法人社団 翔栄会』の須田孝則理事長は「咀嚼が適切にできないと消化不良になり、胃に多大な負担がかかる。腸への悪影響も心配されますね」と話す。さらに、どうしても柔らかい食べ物を選んでしまうので、顎の筋肉が弱体化し、結果的に脳への刺激が少なくなってしまう恐れがあるという。

 その改善策の1つが自分の歯と同程度の機能回復ができるインプラントだ。同会には実際、そうした動機でのインプラント相談が増えている。院内設置のCT撮影、緻密な治療計画、セカンドオピニオン対応、通常の治療室とは別のオペ室の設置、分割払いなど、「患者にとって何が最良か?」が常に基本方針だ。

 須田理事長は「しっかりとした歯での食事は健康管理につながる。一緒に取り戻しましょう」と語る。
 

医療法人社団 翔栄会

TEL:0120-4182-99

http://www.arc-shinyokohama.com http://www.sudashika.com

港北区版のピックアップ(PR)最新6

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

編集協力:横浜市健康福祉局健康安全課

5月13日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

弁護士らによる無料相談会

5月23日(日)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 綱島地区センター

5月13日号

”仕分け業者”ご存じですか?

遺品・生前整理

”仕分け業者”ご存じですか?

5月13日号

施設選びから不動産整理まで

まとめてお任せ

施設選びから不動産整理まで

(株)じゅうしん

5月13日号

春爛漫 庭の害虫も活発化

春爛漫 庭の害虫も活発化

薬剤散布で早めの対策を

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter