港北区版 掲載号:2016年3月3日号 エリアトップへ

市外部監査 コミハ有料化求める 「不公平感の是正」指摘

社会

掲載号:2016年3月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の包括外部監査人による2015年度の監査結果が2月23日に公表され、この中で現在は無料で使用できるコミュニティハウス(コミハ)に関し「有料化を図ることが必要」との意見が出されている。有料の地区センターとの機能差が少なく、不公平感があることなどが理由で、市は有料化を「精査したい」とする。

 包括外部監査は、民間の専門家が市の財務事務などについて監査を行うもの。監査結果には、監査人から市による措置が必要な「指摘」や改善を求める「意見」が付けられる。

 毎年、監査人がテーマを決めており、15年度は公有財産の管理、運営について監査され、公共施設の中からコミハや地区センターなどを取り上げた。

 コミハは地域住民がレクリエーション活動などを通して交流を図る拠点。会議室や学習室、調理コーナーなどからなり、無料で使用できる。中学校区程度に1カ所設置する基準で、コミハ単独の施設と小中学校内に設けられたものを合わせ、市内に116カ所ある。

 市は、小中学校を市民の活動の場とする「コミュニティスクール」がコミハの発端で、地域活動や課題解決のための拠点として重要性が高いとの考えから無料にしている。一方、コミハと似た機能を持つ地区センターは、類似の民間施設の使用料とのバランスを考慮し、有料化されている。原則として団体利用の場合は有料(個人は無料)。例えば、面積50平方メートル以下の会議室は1時間230円が料金上限額と定められている。

整理統合の意見も

 コミハと地区センターについて、監査報告書では「利用者も両者を意識的に区別して利用しているとは思われない」とした。その上で、不公平感是正のためにも、「(コミハは)早期に有料化を図る必要がある」との意見を付けた。さらに、市の計画に比べてコミハ整備が大幅に遅れていることから、財政状況も考慮し、機能的に類似性の高い地区センターとの統合や一体的な運用を前提とした整備計画作成を求める意見も出た。

 地区センターなどの施設整備を管轄する市民局地域施設課の担当者は「コミハの有料化は過去にも検討してきた経緯がある。地区センターとコミハは、本来の設置目的が違うが、もう一度精査していくことになる」と話している。

港北区版のトップニュース最新6

26年間の葛藤と挑戦、本に

車いすバスケ古澤さん

26年間の葛藤と挑戦、本に スポーツ

区内在住の銀メダリスト

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

住み続けたいまちへ

港北区運営方針

住み続けたいまちへ 政治

地域活動再開サポートも

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 政治

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

野菜作りで福祉に寄与

市民団体「コスモス畑」

野菜作りで福祉に寄与 社会

地域作業所と販売会共催

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook