港北区版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

(PR)

「歯の欠損にインプラントを」 かず歯科医院・鈴木院長

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena

 「虫歯などで歯を抜け落ちたまま放置しておくのは、別の病気を発症させる恐れがあります」。こう語るのは、大倉山駅徒歩0分の好立地にある『かず歯科医院』の鈴木和夫院長だ。

 欠損状態のままにしておくと考えられる悪影響は3つと、鈴木院長は指摘する。

 1つは、口腔内状況の悪化。欠損部分の周辺の歯が傾き、歯並びやかみ合わせが全体的に乱れるという。

 2つめは、食べ物のそしゃくが適切にできないため、消化に支障を来し、胃腸の調子を崩しやすくなる。

 3つめは審美性の悪さをきっかけに、人との会話や会食を控えたりする”気持ち”の問題だ。

5700本を埋込

 歯の欠損に対応する治療法の1つがインプラントだ。 鈴木院長は神奈川歯科大学卒業後、医局員として東京女子医科大学歯科口腔外科に勤務。その後、都内インプラントセンターで10年以上勤務するなどし、5700本を超えるインプラント埋入実績(1997年4月〜2015年1月末日)を持つ。

 同院では、院内設備の充実にも力を入れる。歯科用CTを導入するほか、通常の治療室とは別のインプラント専用のオペ室を設置。さらに骨密度などの状態を正確に把握し、足りない場合は「骨再生術」も採用するほか、10年間の製品保証にも対応。きめの細かい医療を提供する。

 鈴木院長は「患者様の歯の不安や悩みを適切に取り除いていきます。欠損部分へのインプラント治療は有効と考えています」と話している。

かず歯科医院

港北区大倉山2-1-14-3F

TEL:045-541-4182

http://www.kaz-shikaiin.jp

港北区版のピックアップ(PR)最新6

処分してしまうその前に

遺品・生前整理

処分してしまうその前に

こんなものも買取

6月17日号

「新しい葬儀の様式」でお見送り

妙蓮寺

「新しい葬儀の様式」でお見送り

家族葬や小規模葬にも

6月17日号

災害時バッテリー誕生

リユースで循環型社会めざす

災害時バッテリー誕生

株式会社ベイサン

6月10日号

SDGsアンケート実施

企業と協力し、地域課題の解決へ

SDGsアンケート実施

第一生命保険(株) 新横浜支社

6月10日号

3つの取り組み

工事・環境・雇用

3つの取り組み

株式会社サカクラ

6月10日号

お庭の雑草対策!

お庭の雑草対策!

ダスキン菊名におまかせ

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter