港北区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

大倉山公園で蚊を採取 区、デング熱など調査

社会

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
器具と設置する職員(写真は昨年)
器具と設置する職員(写真は昨年)

 横浜市では、デング熱、日本脳炎などの感染防止のため、その媒介をする蚊のモニタリング調査を2011年度から市内の公園などで実施しており、今年も6月から開始している。

 港北区福祉保健センター生活衛生課では、6月14日の夕方から15日の午前中にかけて大倉山公園で今年1回目の調査・採取をした。結果は6月20日時点では判明していないが、随時市衛生研究所のHPで発表される。検査は10月まで月2回、計10回行われる。

 区生活衛生課では「蚊の発生源を断つことが一番効果的。特にヒトスジシマカは庭先のジョウロやバケツの水の中で発生しやすいので、たまり水を作らないようにしてほしい」と呼びかけている。

 横浜市内では一昨年、区内の20代男性を含む6人のデング熱の国内感染者が報告されており、市では今夏も警戒を強めている。

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook