港北区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

日スタ内レストラン 選手と同じメニュー提供 マリノス 応援に一役

経済

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
相模豚を蒸した一品
相模豚を蒸した一品

 日産スタジアム・東ゲート前に25日、レストラン『スマイルテーブル』がオープンした。メニュー開発には、日産スタジアムをホームスタジアムとする横浜F・マリノスが協力、選手が試合後などに食べるものと同じメニューを提供するのが最大の特徴だ。ホームを港北区に移転した同チームは地域との連携に力を入れており、今回の取り組みはその一環。

「一体感味わって」

 定食形式で食事を提供する同店を運営するのは(株)subLime(サブライム)(代表取締役社長・花光雅丸)。同社は飲食店を全国に約280店舗展開しているが、アスリートの口にする食事を調理するのは初。マリノスが拠点移転を機に、食を通じて地域との交流を深めようと企画した。

 メニュー開発には同クラブの公認スポーツ栄養士・橋本玲子さんが関わっている。「選手に提供する料理はシーズン中やオフ、また体調などで変わってきます。通常口にすることができない選手と同じメニューで一体感を味わってほしい」と橋本さん。

 一押しは「sMiLeセット」(1300円)。メーン料理一品とご飯、汁物がプレートに盛られる(肉・魚・麺料理が日替わり)。

 使用する食材は、神奈川県内で収穫された野菜(パプリカ、人参、キャベツなど)や相模豚を採用している。調理法も極力油を使用しない「蒸す」「焼く」「煮る」を基本にするなど健康に留意している。

栗原選手らも試食

 オープン前の23日には内覧会を実施。マリノスの栗原勇蔵・伊藤翔・兵藤慎剛選手らがメニューを試食した。野菜と一緒に蒸しあげられた相模豚を口にした3選手は「健康的な体づくりができると思う」「油も無くアスリート系の食事。自然と笑顔がこぼれる」などと話していた。営業は午前10時〜午後5時、火曜定休。

メニューを試食した(左から)栗原勇蔵・伊藤翔・兵藤慎剛選手
メニューを試食した(左から)栗原勇蔵・伊藤翔・兵藤慎剛選手

港北区版のトップニュース最新6

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

妙蓮寺に子育て施設

妙蓮寺に子育て施設 社会

「笑顔で集える場を」

9月2日号

「認知症の理解、深めよう」

新羽地域ケアプラザ

「認知症の理解、深めよう」 社会

“オレンジ色”で啓発活動

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook