港北区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

光回線トラブル376件増 消費センターが注意喚起

社会

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena

 インターネットの光回線サービスに関するトラブルが市内でも多発している。横浜市消費生活総合センターによると、2015年度は光回線の相談が700件で、前年度の324件から大幅に増加した。同センターでは契約内容を慎重に確認するよう注意喚起している。

 横浜市消費生活総合センター(【電話】045・845・6666)ではこのほど、15年度の消費生活相談概要を発表。全体では2万4345件と前年度比で773件増加した。内訳はデジタルコンテンツ(5441件)、不動産賃借(1106件)、工事・建築(952件)、インターネット接続回線(939件)と続いた。デジタルコンテンツは各年代においても一番多く、アダルトサイトや出会い系サイトなどの架空請求が目立つという。金子延康センター長は「身に覚えのない請求は無視して」と呼びかける。

 インターネット接続回線は4番目に多いが、そのうち700件は光回線に関するトラブルで相談が急増している。光回線は光ファイバーを使用するインターネット接続回線で、通信速度の速さなどの理由で普及が進んでいる。サービス提供はNTT東西が行ってきたが、15年2月から光回線の卸売サービスを開始。これにより、新規参入を含む多くの事業者がさまざまな料金や契約方法で提供を始めた。一方で、事業者の説明不足による勧誘も多く、十分な理解がないまま契約してしまうといったケースも少なくない。同センターでも実際に、契約変更に伴う違約金や不必要なオプションなどをめぐる相談が多く寄せられている。

 同センターで相談業務を担う米津君恵さんは「光回線のサービス内容は複雑だが、納得するまで説明を聞いてほしい。その上で、本当に必要なサービスか判断を」と注意を促す。

港北区版のトップニュース最新6

人と人つなぎ10年

街カフェ大倉山ミエル

人と人つなぎ10年 社会

多世代交流の場、創出

4月2日号

区内2団体が受賞

横浜環境活動賞

区内2団体が受賞 社会

児童への環境学習評価

4月2日号

4月の開校、目前

箕輪小

4月の開校、目前 社会

市教委「地域の支えに感謝」

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

港北区でも影響広がる

新型コロナ

港北区でも影響広がる 社会

クラファンで打開策も

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク