港北区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

基準値超え指定廃棄物 17校敷地内に今も保管 市、移転先検討へ

教育

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena

 福島第一原子力発電所の事故に起因する一定の基準値を超えた、放射性物質を含む約3tの指定廃棄物(※)が、横浜市内の公立17校の敷地内に未だ保管されている。市は先月末、学校外の保管場所選定にあたっての確認事項を決定。今後、候補地の検討を進めて行く方針を示した。

 指定廃棄物は、校舎に降った雨水をトイレの洗浄水として再利用する「雨水利用施設」に溜まった汚泥で、ドラム缶の中に保管されている。原発事故後、5年以上が経過した今も、市内18区のうち、7区の公立小中学校と1区の特別支援学校にあるのが実情だ。

 保管場所が最も多いのは都筑区の6校で、次いで緑区(4校)、鶴見区(2校)のほか、磯子区、西区、港南区など5区に1校ずつ計17校に約3t分ある。学校で保管している自治体は、全国で横浜市のみ。指定廃棄物はそもそも、国が責任を持って処理を行うとされているが、最終処分場のめどが立たず長期化している。

 市教育施設課によると、17校の空間線量については、環境省の基準を満たす数値だと発表。しかし、指定廃棄物保管校のあるPTA会長は、「ないにこしたことはないので、子どものために校外へ移してほしい」と思いを口にする。

候補地に6条件

 6月下旬に開催された関係局長らによる市放射線対策本部会議で、「学校以外の保管場所を選定するにあたっての確認事項」について話し合いを実施。その結果、一般市民(特に子ども)が原則立ち入ることができない場所であることや一定期間(10年程度)利用可能であることなど、6項目の条件に基づき、学校外の候補地を検討することを決めた。

 一方、学校外への移動を市に訴えてきた市民団体、学校・保育園の放射能対策 横浜の会(樋口敦子共同代表)関係者らは7月15日、早急な施設外管理などを要望。これに対し市は、具体的な候補地やスケジュールは決まっていないとしたうえで「児童、生徒の安全を考え、候補地を決めたい」と話している。

港北区版のローカルニュース最新6

創立40周年記念式典

創立40周年記念式典 教育

一期生の特別講演も

12月12日号

地域で「いの池」を守ろう

地域で「いの池」を守ろう 文化

愛護会設立・かい掘も

12月12日号

158回目の歌う会

158回目の歌う会

港北童謡の会

12月12日号

地域に育まれ創立40周年

地域に育まれ創立40周年 教育

大豆戸小学校  令和に新たな門出

12月12日号

「子ども110番の店」知って

港北区薬剤師会

「子ども110番の店」知って 教育

区内小学校にファイル配布

12月12日号

「しっかり踊れたよ」

「しっかり踊れたよ」 教育

金港幼稚園でお遊戯会

12月12日号

誰もが集える場所に

誰もが集える場所に 社会

高田・ゆずの樹プレオープン

12月12日号

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク