港北区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

港北芸能協会の会長に就任した 工藤 祐一さん 師岡町在住 83歳

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena

「日本の伝統芸能を継ぐ」

 ○…来年創立40周年を迎える港北芸能協会の新会長に就任した。同会には日本舞踊や民謡などに親しむ11の団体が所属、大倉山観梅会や地域の祭りなど季節ごとのイベントなどで披露している。11月には恒例の「港北芸能大会」を控えており、「私も舞台に上がるよ。たくさんの人に楽しんで欲しいね」と笑顔を見せる。

 ○…ことの初めは会社勤めをしていた53年前。趣味の日本舞踊などを通して募金などで社会貢献しようと港北芸能愛好会を始めた。そうした中、「日本の伝統を後世に受け継いで行きたい」という思いが湧き上がり、港北芸能協会を設立。自身はサポート側に回るとの考えから副会長職を担ってきた。日本の伝統芸能に関心を持ったのは故郷の秋田県で子どもの頃、日本舞踊や尺八の音に惹かれていた原風景があるから。さらに仕事上で民謡を指導する師に出会ったことも後押しした。「協会の思い出はいっぱいあるけど、横浜アリーナで500人以上が一緒に盆踊りをしたことは忘れられないね」と懐かしむ。

 ○…50代から70代の間はプロパンガス業に従事していたことも。「商店街やまちを歩き回っていたから顔が広いと言われる。飲み会に呼ばれては三味線を抱えて民謡を歌いに行っていたよ」。また着物が好きで、普段着として愛用しているという。イベントに参加するときも絶対に着物。「着心地が良いんだよね」と微笑む。

 ○…協会の課題は、日本芸能をどう後世につなげて行くか。所属するメンバーは高齢者が多く、積極的に参加する人が少なくなってきている。また、協会内は日本舞踊に偏りがちであるため、民謡や神楽などを行う人にも入って欲しいという。「自ら伝えて行こうとする人が減ってきてしまったのが残念。イベントを通して若い人、子どもたちにも魅力を感じとって欲しいよね」。真心を持って、これからも日本の良き伝統をつないでいく。

港北区版の人物風土記最新6

池田 紳一郎さん

日吉普通部通り商店街会員として地域活性に取り組み、音楽行事なども主催する

池田 紳一郎さん

日吉在住 37歳

11月19日号

浅沼 芳征さん

横浜市初のプロアイスホッケーチーム、横浜GRITS(グリッツ)の監督を務める

浅沼 芳征さん

町田市在住 51歳

11月12日号

石島 静子さん

綱島で30年以上フラダンス教室を営み、国際大会に出場した経歴を持つ

石島 静子さん

新吉田東在住 84歳

11月5日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月29日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

社会人経験を生かした創作落語などを、区内や海外で幅広く披露する

参遊亭遊助さん(本名:豆生田(まめうだ)信一さん)

新吉田東在住 63歳

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク