港北区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

目隠しでサッカー体験 小学生ら30人が参加

スポーツ

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
ガイドに導かれながら、目隠しの状態でボールを運ぶ
ガイドに導かれながら、目隠しの状態でボールを運ぶ

 (株)有隣堂が10日、城郷小机地区センターで「ブラインドサッカー体験会」を行った。

 当日は小学生から50代までの約30人が集まり、目隠しをした状態でサッカーを体験。神奈川で唯一のブラインドサッカーチーム、『ブエンカンビオ』の落合啓士選手と、全国各地でサポーター活動を行う角田寛和さんの指導のもと、お互いの名前を呼びかけあい、音の鳴る特殊なボールを運ぶ難しさと同競技の魅力を学んだ。

 角田さんは「ブラインドサッカーではガイドの役割が重要。目の見えない人たちにうまく情報を伝える難しさを知ってほしい」と話す。

 体験会に参加した50代の男性は「初めての経験。ガイドのサポートがないと一歩も踏み出せなかった」と語る。一方、小学生の男児は「まあ難しいこともあったけど、けっこう簡単だった」と笑った。

 また体験会の後には、福島県南相馬市のマーチングバンドを描いたドキュメンタリー映画「MARCH」の上映会が行われた。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.mochiyasu.com/

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

新羽ケアプラで「桜」満開

【Web限定記事】

新羽ケアプラで「桜」満開 社会

利用者らが花紙で制作

4月8日号

利用者の声受け、トイレをリニューアル

【Web限定記事】港北図書館

利用者の声受け、トイレをリニューアル 社会

4月8日号

球団新社長に木村氏

DeNA

球団新社長に木村氏 社会

横浜出身の38歳

4月8日号

連続無火災を表彰

港北消防署

連続無火災を表彰 社会

2連合町内会が達成

4月8日号

プロスポーツの試合、身近に

プロスポーツの試合、身近に 社会

 区内企業、中学生を招待

4月8日号

みどりのまちMAP配布

大倉山

みどりのまちMAP配布 社会

みどりアップ事業で

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter