港北区版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

TRネット 環境大臣表彰を受章 外来種駆除など評価

社会

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
アレチウリで埋め尽くされた河川敷(上)。現在は在来種が回復している。
アレチウリで埋め尽くされた河川敷(上)。現在は在来種が回復している。

 今年度の「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」が発表され、市内から2団体が表彰された。そのうちの1つに区内に拠点を置くNPO法人鶴見川流域ネットワーキング(岸由二代表理事)が選出された。

 大臣表彰は、環境省が1998年度から毎年、地球温暖化防止に功績があった団体や個人を選び行っているもの。今年度は市内から同法人(以下TRネットと表記)のほか、(株)東芝横浜事業所が選ばれている。

企業もサポート

 TRネットは、1991年に立ち上がった団体で、鶴見川流域の水防災広報とその実践、水辺の学習、生体調査など活動は多岐にわたる。

 今回評価されたのは、「アレチウリ」という温暖地域で繁殖する外来植物駆除活動などへの取り組みだ。05年から06年にかけて同河川敷全域を「アレチウリ」が異常繁殖し、一体を覆い尽くしてしまった。放置すると在来種が絶滅してしまう危機感を抱いた岸代表理事は、民間企業の支援を受ながら綱島周辺では08年から16年にかけて「アレチウリ」絶滅に向けた活動を行ってきた。オギやアシなどの在来種の移植・育成をすることにより回復させたもので、現在はほぼ狙い通りに回復している。このほか、市内の小学生延べ7千人以上に環境学習も実施。こうした点も評価された。

地球温暖化に警笛

 慶大学名誉教授でもある、岸代表理事は地球温暖化に伴い近年多発する局地的豪雨発生に著書や講演などで警笛を鳴らしており、対策には世界と連携を取りながら炭酸ガスの減少、「流域思考」による治水・防水が必要と訴える。

 「今回の表彰を大変光栄に受け止めている。こうした地道な活動が評価され嬉しい。今後も日本の治水技術などを世界に紹介し、みんなで自然災害を防ぐ取り組みができるよう、知恵を出し続けたい」と話す。

喜びを見せる岸代表理事
喜びを見せる岸代表理事

港北区版のトップニュース最新6

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月22日号

感染対策、ICT活用に重点

2021年度港北区予算

感染対策、ICT活用に重点 社会

自主事業に1億1911万円

4月22日号

安否確認システム導入

太尾宮前町会

安否確認システム導入 社会

防災訓練で定着へ

4月15日号

IT技術で省エネ社会を

環境活動賞

IT技術で省エネ社会を 社会

区内企業が実践賞に

4月15日号

地域の絆で響いた音色

小机小マーチングバンド

地域の絆で響いた音色 コミュニティ教育、

日産スタジアムで卒団式

4月8日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter