港北区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

区内中学生 菊名の畳店で伝統学ぶ 製造作業を体験

教育

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
イ草の香りに包まれ、満足気な表情を見せる三澤君
イ草の香りに包まれ、満足気な表情を見せる三澤君

 新横浜在住で横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校に通う2年生、三澤俊寛さんが先ごろ、菊名の畳店・東横たたみ店と協力して自宅マンションの洋室に置き畳を設置した。製造・搬入された畳6枚のうち、1枚を自身の手で縫うなど、作業を通じることで畳文化を学んだ。

 同校では個人別にテーマを決め、3年間を通して研究・発表をする総合授業があり、三澤君は日本の伝統文化に興味を持っていたことから「畳文化を継承するためには?」というタイトルで学習をスタート。そうした中、昨年12月に自宅の引っ越しがあり、洋室を和室にするため畳を敷くことに。その際に作業に同行・手伝うことで、「畳を”守りたい”から”守る”という気持ちになった」と語る。「帰宅時、玄関を開けるとイ草の香りが広がっていい気持ち」と笑顔も見せた。

 畳の製造から納入までの一連の作業工程に参加した息子を見守った母親の弘子さんは、「作業写真を夫に見せると、あまり畳に関心がなかったはずなのに喜んでいました。子どもの成長に役立ちました」と目を輝かせた。

1300年の歴史紹介

 三澤君は東横たたみ店で実施された中学生の職業体験にも参加し、汗を流している。

 同店の2代目である高橋正輝さんは「約1300年の畳の歴史なども知ってもらえて良かった」と嬉しそうに語った。

職業体験で手縫いに挑戦する
職業体験で手縫いに挑戦する

港北区版のローカルニュース最新6

「死」から「生」考える

「死」から「生」考える 社会

僧侶と医療従事者が対談

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

ブラサカを体験

菊名小児童

ブラサカを体験 スポーツ

区出身・落合啓士さんが指導

1月23日号

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ

蝋梅(ろうばい)、間もなく見ごろ 文化

新羽町 西方寺で

1月23日号

小売店でフードドライブ

市資源循環局

小売店でフードドライブ 社会

食品ロス削減へ

1月23日号

地域の健康を守る

区医師会

地域の健康を守る 社会

新年合同班会

1月23日号

感謝の想い、歌に乗せて

感謝の想い、歌に乗せて 文化

日吉出身・須田寛太さん(22)

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク