港北区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

区内中学生 菊名の畳店で伝統学ぶ 製造作業を体験

教育

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena
イ草の香りに包まれ、満足気な表情を見せる三澤君
イ草の香りに包まれ、満足気な表情を見せる三澤君

 新横浜在住で横浜国立大学教育人間科学部附属横浜中学校に通う2年生、三澤俊寛さんが先ごろ、菊名の畳店・東横たたみ店と協力して自宅マンションの洋室に置き畳を設置した。製造・搬入された畳6枚のうち、1枚を自身の手で縫うなど、作業を通じることで畳文化を学んだ。

 同校では個人別にテーマを決め、3年間を通して研究・発表をする総合授業があり、三澤君は日本の伝統文化に興味を持っていたことから「畳文化を継承するためには?」というタイトルで学習をスタート。そうした中、昨年12月に自宅の引っ越しがあり、洋室を和室にするため畳を敷くことに。その際に作業に同行・手伝うことで、「畳を”守りたい”から”守る”という気持ちになった」と語る。「帰宅時、玄関を開けるとイ草の香りが広がっていい気持ち」と笑顔も見せた。

 畳の製造から納入までの一連の作業工程に参加した息子を見守った母親の弘子さんは、「作業写真を夫に見せると、あまり畳に関心がなかったはずなのに喜んでいました。子どもの成長に役立ちました」と目を輝かせた。

1300年の歴史紹介

 三澤君は東横たたみ店で実施された中学生の職業体験にも参加し、汗を流している。

 同店の2代目である高橋正輝さんは「約1300年の畳の歴史なども知ってもらえて良かった」と嬉しそうに語った。

職業体験で手縫いに挑戦する
職業体験で手縫いに挑戦する

港北区版のローカルニュース最新6

楽しみ重ねて歳も重ねて

菊の懸崖(けんがい)、作り続けて

菊の懸崖(けんがい)、作り続けて 文化

90歳の現役農家、横溝さん

9月23日号

美術工芸グループ展

美術工芸グループ展 文化

9月25日〜篠原北で

9月23日号

愛称は「日吉の本だな」

新図書取次所

愛称は「日吉の本だな」 社会

投票で決定

9月23日号

9月9日〜15日の認知件数、自転車盗が6件

【Web限定記事】港北署管内

9月9日〜15日の認知件数、自転車盗が6件 社会

4件が施錠中

9月23日号

特別展示販売会『美しき光の世界』が開催中

【Web限定記事】写真家・瀬尾拓慶さん

特別展示販売会『美しき光の世界』が開催中 文化

横浜高島屋で9月28日まで

9月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook