港北区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

県政報告164 新予算で「スマイルかながわ」を 県議会議員かながわ民進党県議団 はかりや珠江

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

 寒さの中にも春の兆しが感じられるようになりました。2月18日・19日は、「大倉山観梅会」。散歩がてら、大倉山梅林に足を運んでみてはいかがでしょう。

 平成29年の第1回県議会定例会が2月13日から始まりました。今議会では、29年度当初予算案・28年度2月補正予算案・条例案等が審議されます。

*神奈川モデル加速化予算

 知事は「いのち輝くマグネットかながわ」を掲げ、28年度は未病改善やロボットとの共生社会実現等、「神奈川モデル創造」にむけた施策を進めてきました。

 29年度予算案はこれら「神奈川モデル」を加速させ、すべての人が笑顔で安心して暮らせる社会「スマイルかながわ」の実現をめざして編成されました。新年度は県税収入の減少が見込まれますが、知事は「厳しい財政状況の中でも攻めの姿勢を崩さない」として、「子ども子育て支援」をはじめ、未病対策や健康長寿の取組み、企業誘致の促進、特区を活用したロボット技術の開発、2019ラグビーW杯・東京2020五輪をふまえた神奈川の魅力発信・観光振興などを重点としました。

 財源不足対策は、事業の見直しや県有財産の処分等に加え、積み立てた「財政調整基金」180億円を取り崩し、「無理をしても経済のエンジンをまわし、県税収入の増を狙う」との方針。目論み通り税増収が図れるよう、具体的な方策等も注視していかねばなりません。

*子ども子育て支援に力を

 私が所属する「県民・スポーツ常任委員会」関連予算としては、一つに「子ども子育ての支援」があります。待機児童問題は、「県内どこでも『待機児童ゼロ』」をめざし、保育士など子育て支援人材の確保・育成、保育所整備をさらに進めていく方針。「子どもの貧困」への取組みも「相談体制の充実」などが提案されています。子どもの将来が、生まれ育った環境に左右されない社会の実現に向け、働きかけを続けます。

*ラグビーW杯と東京五輪

 もう一つはスポーツのビッグイベントに向けた準備。ラグビーW杯は、来年がプレ大会。横浜市と連携して、

ラグビーの普及啓発活動を展開し、機運醸成を図ることを掲げています。

 江の島での「セーリング競技」については、会場整備や機運醸成への取組みが予定されています。問題は費用負担。知事は、組織委員会に対し「恒久施設は開催自治体、仮設施設や運営経費は組織委員会」との原則を守るよう主張していますが、未だはっきりせず準備の停滞が心配されます。

 ラグビーW杯、オリンピック・パラリンピックの開催が、県民の皆さんに有形無形のよき「レガシー=遺産」をもたらものになることを願いつつ、審議に臨みたいと思います。

神奈川県議会議員 はかりや珠江

TEL045-546-1491

TEL:045-210-7620

http://www.hakariya.org/tamae

港北区版の意見広告・議会報告最新6

令和初の予算議会開会、私の数々の提案が反映

市政報告

令和初の予算議会開会、私の数々の提案が反映

 横浜市会議員 大山しょうじ

2月13日号

新たな交通ネットワーク

市政報告

新たな交通ネットワーク

横浜市会議員 望月やすひろ

1月30日号

教育は「公平」より「公正」で

県政報告㉒

教育は「公平」より「公正」で

県議会議員 武田しょう

1月23日号

地方議会から憲法を思う

県政報告㉑

地方議会から憲法を思う

県議会議員 武田しょう

1月16日号

すべての人に居場所と出番を

市政報告

すべての人に居場所と出番を

立憲・国民フォーラム横浜市会議員団 大野トモイ

1月1日号

令和時代に輝く港北へ

令和時代に輝く港北へ

公明党 望月 やすひろ

1月1日号

私たちの街、港北の未来のために

県政報告

私たちの街、港北の未来のために

県議会議員 自民党 嶋村ただし

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク