港北区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

2017年度港北区予算案 防災・子育て支援に注力 自主予算約1億980万円

経済

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 2017年度の港北区の自主企画事業予算案が示された。防災や子育て支援、健康促進などに1億980万5000円が計上されている。東日本大震災や熊本地震の教訓を踏まえ、避難所看板の設置、防災アプリ導入など新規事業も盛り込まれた。

 自主企画事業は、▽防災・減災などを強化する「安心して暮らせるまちづくり」▽健康と文化を通じてまちを活性化する「活気にあふれるまちづくり」▽子ども、障害者、高齢者を支援する「地域で支えあう福祉のまちづくり」▽区の広報やサービスの向上を図る「組織力・職員力の発揮による住民サービスの向上」――の4項目で構成されている。

新規防災システム導入

 重点事業に位置付けられているのが「災害に強いまちづくり推進事業」(1420万円)。区内28カ所の地域防災拠点を示す看板の設置(18年度までに)や、土砂、洪水、地震発生時などに区の防災情報を発信する、スマートフォン・タブレット端末向け防災アプリの導入などに新たに着手する。また昨年11月から運用を開始した、電話による土砂災害・河川氾濫情報伝達システムの普及も継続して行っていく。

両親教室を拡充

 港北区は出生数と未就学児の人口が増加傾向にあることから、安心して子育てできる地域の環境づくりを進める「港北元気っ子事業」(1065万1000円)にも力を入れる。なかでも、初めての出産を控える夫婦に子育ての知識や技術を教える「土曜両親教室」は、参加が抽選になるほど人気であることから、新たに会場を拡充し、開催回数を増やしていく予定。

 また、個人庭やコミュニティ花壇をめぐって楽しむ「港北オープンガーデン」や歩くことで健康の意欲を高める「ウォーキングから始まる健康づくり事業」もより充実させる方針だ。

港北区版のトップニュース最新6

菊名駅東口の未来考える

菊名駅東口の未来考える 社会

地元団体がアンケート

9月23日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook