港北区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

2017年度港北区予算案 防災・子育て支援に注力 自主予算約1億980万円

経済

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 2017年度の港北区の自主企画事業予算案が示された。防災や子育て支援、健康促進などに1億980万5000円が計上されている。東日本大震災や熊本地震の教訓を踏まえ、避難所看板の設置、防災アプリ導入など新規事業も盛り込まれた。

 自主企画事業は、▽防災・減災などを強化する「安心して暮らせるまちづくり」▽健康と文化を通じてまちを活性化する「活気にあふれるまちづくり」▽子ども、障害者、高齢者を支援する「地域で支えあう福祉のまちづくり」▽区の広報やサービスの向上を図る「組織力・職員力の発揮による住民サービスの向上」――の4項目で構成されている。

新規防災システム導入

 重点事業に位置付けられているのが「災害に強いまちづくり推進事業」(1420万円)。区内28カ所の地域防災拠点を示す看板の設置(18年度までに)や、土砂、洪水、地震発生時などに区の防災情報を発信する、スマートフォン・タブレット端末向け防災アプリの導入などに新たに着手する。また昨年11月から運用を開始した、電話による土砂災害・河川氾濫情報伝達システムの普及も継続して行っていく。

両親教室を拡充

 港北区は出生数と未就学児の人口が増加傾向にあることから、安心して子育てできる地域の環境づくりを進める「港北元気っ子事業」(1065万1000円)にも力を入れる。なかでも、初めての出産を控える夫婦に子育ての知識や技術を教える「土曜両親教室」は、参加が抽選になるほど人気であることから、新たに会場を拡充し、開催回数を増やしていく予定。

 また、個人庭やコミュニティ花壇をめぐって楽しむ「港北オープンガーデン」や歩くことで健康の意欲を高める「ウォーキングから始まる健康づくり事業」もより充実させる方針だ。

港北区版のトップニュース最新6

DL(ダウンロード)数1万5千超

港北区防災アプリ

DL(ダウンロード)数1万5千超 社会

意識の高まり反映

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

「住んで良かった港北に」

「住んで良かった港北に」 政治

栗田区長 区政を語る

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

3,293人が船出

港北区の新成人

3,293人が船出 社会

13日、横アリで式典

1月1日号

端末でタクシー配車開始

DeNA

端末でタクシー配車開始 経済

市内3病院で実証実験

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク