港北区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

港北警察署長に就任した 牧 智明さん 横浜市在住 58歳

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena

「息子はサギ」に込めた思い

 ○…4月1日付で警察庁から港北警察署長に着任。港北区の印象を尋ねると「地域住民の方と行政が警察に対して非常に協力的。防犯の連携がうまく取れているエリア」。署員一丸となって港北区の治安の維持に全力をつくしたい、と抱負を語る。

 ○…2013年の生活安全総務課長勤務の時は、振り込め詐欺対策の責任者だった。当時、県内で急増する振り込め詐欺を何とか食い止めなくてはならないと、強い印象を残せる新たな標語を対策メンバーから募ったという。最終的に決定したのが、今でも街中でよく目にする「息子はサギ」。黄色の地色に黒の文字というデザインもメンバーで考えたもの。「当時は、その強いインパクトから正直賛否両論ありましたが、結果的にメディアにも広く取り上げられたため、オレオレ詐欺の手口が広く世に知られるという目的は果たせたのでは」と謙虚に話す。

 ○…長野県出身。警察官への興味は、白バイにあこがれた少年時代から。また、盗まれた自転車を探してもらった際にも「こんな風に人の役に立つ仕事がしたい」という思いが生まれた。今も困り苦しむ人は、我が家族という気持ちを第一に仕事に臨む。また、署員に対しては、着任のあいさつ時に以前先輩から聞いて座右の銘としている「三惚れの精神」で仕事に望んでほしい、と。任地、仕事、そして、地域の住民に惚れることが大切と説く。

 ○…自宅近所に住む1歳6カ月の孫と遊ぶひとときが、一番の息抜き。「自分の子どもは二人とも男の子。孫は女の子なので、実は息子の時よりも可愛いがっているかも。今、仕事が多忙なので、月2〜3回会えればいい方かな」。一瞬、やさしい”じいじ”の顔になったのも束の間、19年に、日産スタジアムで開催されるラグビーワールドカップや20年の東京五輪に向けて、警備の訓練を行うなど、防犯対策をしっかり準備したいと表情を引き締めた。

港北区版の人物風土記最新6

立花 篤彦さん

10月末から開催予定の「第37回大倉山秋の芸術祭」実行委員会代表を務める

立花 篤彦さん

神奈川区在住 63歳

9月23日号

宮地 秀行さん

東京パラリンピック会場で撮影した写真を横浜ラポールで展示している

宮地 秀行さん

港北区在勤 54歳

9月16日号

臼井 早苗さん

城郷小机地区センターで活動する日舞ひまわり会の会長を務める

臼井 早苗さん

小机町在住 

9月9日号

丘山 亜未さん

クラウドファンディングを使い、妙蓮寺に新しい子育て支援施設を設立した

丘山 亜未さん

港北区在住 46歳

9月2日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月26日号

山名 阿代(あつよ)さん

イラストレーターで新吉田小のキャラクター「しんよしだくん」を考案した

山名 阿代(あつよ)さん

日吉在住 56歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook