港北区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

横浜FMプライマリー 目指せ 全国制覇 JA全農杯、決勝大会

スポーツ

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena
関東大会で優勝を決めたメンバー
関東大会で優勝を決めたメンバー

 港北区を拠点とする少年サッカークラブ、横浜F・マリノスプライマリーが5月3日から区内で始まるJA全農杯チビリンピック2017小学生8人制サッカー大会の全国決勝大会に臨む。3月に行われた関東大会で優勝し全国への切符を手にした同クラブ。2年ぶり2回目の舞台で初制覇を狙う。

関東では6試合16得点

 関東大会には5年生(現6年生)中心の編成で出場した同クラブ。「各ポジションに能力のある選手がいる学年」と永山邦夫監督が評するメンバーには、スピードがあり、競り合いに長けた選手が多く、堅守速攻のカウンター攻撃が特徴になっているという。

 関東大会では、予選リーグと決勝トーナメントの計6試合を16得点、2失点で全勝したが、ポイントとなったのは準決勝の鹿島アントラーズつくばジュニア(茨城)戦。PKまでもつれ込んだ一戦を、永山監督は「内容が良くなかった。先制はしたが徐々に気持ちで押され、追いつかれた」と振り返る。全国大会に出場できるのは、決勝進出した2チーム。このこともあり、江南南サッカー少年団(埼玉)との決勝戦では、のびのびとしたサッカーを取り戻した。

選手の判断を重視

 全国決勝大会は、関東大会同様12分×3ピリオド、計36分の試合時間で行われる。第1と第2ピリオドでは選手を総替えすることから、6年生13人に4、5年生5人が加わる予定。

 「他地域のチームとの交流や、異なる学年とのプレーから良い刺激を受け、チーム全体の活性化につながれば。下の学年の選手はどこまでやれるのかを見極めたい」と永山監督は話す。

 日々の練習で重視しているのは、戦術理解を深めた上での個人の判断力。全国大会では、優勝を目指しつつ、選手個々の気付きや感性を大切にするという。

決勝会場は日スタ

 3日から始まる1次ラウンドは日産フィールド小机、5日の決勝戦は日産スタジアムが会場となる。「(日産スタジアムでは)なかなか試合をする機会がないので、ぜひプレーさせてあげたい」(永山監督)

 初戦は、3日午後3時25分キックオフのエスピーダ旭川(北海道)戦。

港北区版のトップニュース最新6

菊名駅東口の未来考える

菊名駅東口の未来考える 社会

地元団体がアンケート

9月23日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月23日号

区内中学生が躍動

水泳大会

区内中学生が躍動 スポーツ

全国&関東で優勝

9月16日号

子育てをICTで応援

区内の任意団体

子育てをICTで応援 社会

産前産後をサポート

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

浜なし「豊水」で県知事賞

新吉田東・豊田さん

浜なし「豊水」で県知事賞 経済

持寄品評会でW受賞

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook