港北区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

紙芝居で元気を届ける 佐藤正宏さんが新羽小に

文化

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena
表情豊かに話す佐藤さん
表情豊かに話す佐藤さん

 「よいさほいさ!」-。4月15日、新羽小学校の音楽室から聞こえる声の主はWAHAHA本舗設立者でテレビ、舞台などで活躍する佐藤正宏さん。この日、佐藤さんによる紙芝居・おはなし会が行われた。

 当日は新羽小学校放課後キッズクラブの児童と保護者が71人集まった。佐藤さんはころころと表情や声色を変え、楽器による効果音も交えながら「へっぷりむすこ」や手作りの「花咲かじいさん」を語る。前のめりで聞き入ったり、大きな笑いや悲鳴が起こったりと、観客席もにぎやか。

 「自分にできることはないか」。東日本大震災をきっかけに4年前から紙芝居を始め、各地で子どもたちに元気を届けている。こだわりは”ライブ感”。「生のパフォーマンスを楽しんでほしいんです。やるたびに違う反応が返ってきて面白いですよ」

 親子で見に来ていた佐藤美乃里さん(新羽小6年)は「楽器の使い方がすごい。抑揚があって、物語の世界に引き込まれました」と楽しそう。母の真規子さんは「私も読み聞かせをしますが、本物の紙芝居を見たという気持ち。思わず泣きそうになりました」と語る。

 「これからあらかわ遊園行ってきます」と佐藤さん。大きな荷物を抱え、次々と元気を運んでいく。

港北区版のローカルニュース最新6

地域に新たな名産を

地域に新たな名産を 社会

「ひよしれもん」お披露目

9月16日号

女性起業家を紹介

女性起業家を紹介 経済

市が専用サイト開設

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

音楽の灯、絶やさぬよう

音楽の灯、絶やさぬよう 文化

日吉でクラシックライブ

9月16日号

選手の写真を展示中

東京パラリンピック

選手の写真を展示中 文化

ラポール・宮地さんが撮影

9月16日号

南国果物を販売

南国果物を販売 社会

横浜市庁舎で9月16・27日

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook