港北区版 掲載号:2017年5月11日号 エリアトップへ

びーのびーの 「多世代交流の場を」 COCOしのはら開所

社会

掲載号:2017年5月11日号

  • LINE
  • hatena
開所式であいさつをするスタッフ
開所式であいさつをするスタッフ

 NPO法人びーのびーの(奥山千鶴子理事長)は「地域福祉交流スペースCOCOしのはら」を開所した。同団体は「どろっぷ」や「どろっぷサテライト」などの子育て支援拠点を運営。今回初めて、多世代が交流できるスペースを設立した。

 同施設では食事を提供する「ごちそうさん食堂」や地域の人々が先生となって講座を開く「ワンCOイン講座」、篠原地域ケアプラザと共催の「COCOのびのび講座」なども用意されている。さらに週3回の預かり保育「まんまーる篠原」も設けられており、お年寄りと子どもが触れ合うことができるのが特長。

町内会長が持ち家提供

 「孤食になりがちな高齢者。誰かと一緒にご飯を食べて、おしゃべりをして欲しい」――。こうした思いから開設に踏み切ったという。どろっぷなどの施設がある綱島、大倉山に続き、新横浜付近に新たに良い場所がないかと考えていた。そこに新横浜町内会の金子清隆会長の「あ、ひょっとしてうちがいいんじゃない?」という一声がかかり、自宅に隣接する持ち家を提供することになったという。

 今後は食堂のメニューや講座について利用者にアンケートを取り、より充実させていく方針。

 同施設の代表斎藤靖子さんは「高齢者の方にどんどん来て欲しいです。いろんな人とご飯を食べて、子どもたちと触れ合って、元気になれる場所になれば。時間をかけて地域に根ざして行きたいです」と語る。
 

看板が目印
看板が目印

港北区版のローカルニュース最新6

全学童にクリーナー寄贈

ケルヒャー

全学童にクリーナー寄贈 社会

衛生環境の保持に

4月9日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

黄色の絨毯、姿戻る

綱島の河川敷

黄色の絨毯、姿戻る 社会

住民らが菜の花育成 

4月2日号

AIで食品ロス削減可能

パン屋さんケーキ業態に

AIで食品ロス削減可能 社会

来店客数、販売数を予測

4月2日号

4月21日、歌う会中止

4月21日、歌う会中止 社会

港北童謡の会

4月2日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク