港北区版 掲載号:2017年5月18日号 エリアトップへ

北綱島特別支援学校 市、保護者が平行線 再編整備計画の説明会

教育

掲載号:2017年5月18日号

  • LINE
  • hatena
保護者に対して説明する市担当者
保護者に対して説明する市担当者

 横浜市立北綱島特別支援学校で13日、保護者説明会が行われ、約20人が参加した。

 同校は肢体不自由特別支援学校の教育環境・活動の充実を図ることを目的とした「横浜市立肢体不自由特別支援学校再編整備計画」で2018年度末の閉校が示されている。これまで重度の児童生徒を受け入れてきた学校は、市内に北綱島のほか中村、若葉台、東俣野の3校あるが、再編整備ではこの3校に軽度児童生徒の受け入れを進める予定としている。また、これまで軽度を中心に受け入れてきた上菅田でも重度の児童生徒を受け入れ、19年度に新設予定の左近山特別支援学校(仮称)で軽度から重度までを受け入れ、対応するとしている。市は15年度時点の北綱島特別支援学校の在校生が希望する限りは分教室として存続をする案を提示した。保護者に対して市は昨年3月から今年の3月にかけて個別面接を実施している。

 説明会当日は、個別面接や意向調査の中で事前に保護者から提出されていた意見を順番に説明していった。しかし会場の保護者からは「分教室にせずに特別支援学校として残してほしい」「存続を求める要望書を提出しているが、どのように検討しているのか?」「有識者を含めた検討会の設置を検討するべきだ」などの声があがり、話し合いは平行線となった。

 同校PTAらで組織される『これからの北綱島を考える会』で副代表を務める中村裕之さんは「本質での回答が市からもらえず、我々は納得ができない」と話した。
 

港北区版のローカルニュース最新6

キャンパスの象徴に

慶応大学

キャンパスの象徴に 社会

日吉記念館、建て替え

4月2日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

黄色の絨毯、姿戻る

綱島の河川敷

黄色の絨毯、姿戻る 社会

住民らが菜の花育成 

4月2日号

AIで食品ロス削減可能

パン屋さんケーキ業態に

AIで食品ロス削減可能 社会

来店客数、販売数を予測

4月2日号

4月21日、歌う会中止

4月21日、歌う会中止 社会

港北童謡の会

4月2日号

プロの味 自宅で再現

中華街・招福門

プロの味 自宅で再現 社会

肉まんキットを新発売

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港北区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク