港北区版 掲載号:2017年6月29日号 エリアトップへ

こんにゃく芋通じ交流 小机小児童と昭和村職員

教育

掲載号:2017年6月29日号

  • LINE
  • hatena
植え付け作業に興味津々の児童ら
植え付け作業に興味津々の児童ら

 市立小机小学校(田代千佳子校長)の校庭花壇で6月21日、昭和村産こんにゃく芋の植え付けが行われ、作業をした群馬県利根郡昭和村の職員らと同校6年生児童約100人が交流した。横浜市と昭和村との友好交流事業の一環。

 こんにゃく芋の植え付けは、同校が6月に修学旅行で昭和村を訪れた際、同村から特産品のこんにゃく芋300球の贈呈を受けたことがきっかけ。当日は雨天のため、児童は作業を見学するのみとなったが、職員による植え方の説明に真剣に耳を傾けていた。

 セレモニーで昭和村の堤盛吉村長は「こんにゃく芋の成長を見守ることが、楽しく良い思い出になれば」とあいさつ。児童代表は「今日は貴重は体験になりました。しっかり育てていきたいです」と応じた。

 田代校長は「人とつながることで人は生きるもの。荒天の中、皆さんが駆けつけてくれたことを児童に伝えたい」と話した。

 今後、児童が成長を見守り、収穫は11月ころ。こんにゃくをつくって食べる予定だという。

港北区版のローカルニュース最新6

野菜宝船鮮やかに

【Web限定記事】小机町 松本さん

野菜宝船鮮やかに 文化

横浜市役所に展示

11月26日号

災害時は”助け合い”

災害時は”助け合い” 社会

樽町連町とトレッサが協定

11月26日号

はじめての韓国語

はじめての韓国語 社会

岸根高で公開講座

11月26日号

自転車盗、不審者に注意

【Web限定記事】

自転車盗、不審者に注意 社会

港北署より

11月26日号

カップ麺デザインを考案

高田中2年

カップ麺デザインを考案 教育

東洋水産(株)と連携

11月19日号

お金の大切さ学ぶ

太尾小児童

お金の大切さ学ぶ 教育

郵便局長らが授業

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク